プロジェクト概要

 

   大好きなホットサンドと移動販売で街の人たちの笑顔を見たい!

 

はじめまして、青嶋恭子と申します。私には長年の夢があります。それは、「自分のお店を持つ」ことです。40歳になった今年、「今しかない!」と10年勤めたアパレル会社を退職し、夢への一歩を踏み出しました。今回のプロジェクトで、子供の頃から大好きだったホットサンドの移動販売店を実現したいと思います。

 

実店舗ではなく移動販売にすることで、いろいろな場所で販売することができます。また、運営する上で発生する余計な経費も抑えられ、継続的にサービスを提供することができます。ホットサンドであれば、簡単に車の中でつくることができ※仕込みの必要もありません。

 

自分なりのビジョンを持ち、あともう少しのところまできました。ホットサンドの移動販売店で街の人たちにおいしさと笑顔を届けるプロジェクト。移動販売車用に軽トラックをカスタマイズする費用に100万円が必要です。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

※仕込み

移動販売するにも扱う品目によっては、仕込み場所が必要なものもあります。仕込み場所とは予め保健所で許可が取れている調理スペース、または自宅以外の店舗で調理できるスペースです。

 

ホットサンドを調理中

 

   夢を夢で終わらせたくない!自分だけの移動販売店をつくる。

 

自分の将来やりたい仕事を人に語るとき、そんなの無理だと鼻で笑う人もいます。しかし、夢は夢と諦めてしまっては何も始まりません。逆に、夢を実現するんだという強い気持ちと行動力があれば、夢は実現するということを証明したいと思いこれまで準備を進めてきました。

 

まわりにいる人たちも私にとても協力的です。特に家族はメニューを試作したときに試食してアドバイスをくれたり、アイデアを出したりしてくれます。「とにかく自分の思うようにやってみなさい!」と応援してくれる人たちのためにも夢を叶えたいのですが、移動販売車用にカスタマイズするための資金が不足しています。

 

 

   たくさんの方においしいホットサンドを食べてもらえるように、移動販売用に軽トラックをカスタマイズしたい!

 

皆さまからのご支援で、移動販売用の軽トラックをカスタマイズしたいと思います。普通の軽トラックの荷台に箱型のものを載せ、その中にガス台や冷蔵庫、シンク等を取り付けます。その後、細かな装飾を施し、みんなの心温まるようなオシャレな移動販売車に仕上げます。以下、お店の詳細になりますので、ご参照くださいませ。

 

■店名

店名は『フレンチブルー』です。当初はメニューをフレンチトーストと決めていたので、フレンチトーストの“フレンチ”と青嶋の“ブルー”から取りました。その後、メニューをホットサンドに変更。先に決めていた店名をどうするか困りましたが、響きがしっくりきていたのと、ロゴがお気に入りだったためこの店名に決めました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
友人に制作してもらったお店のロゴ

 

■メニュー

定番メニューと期間限定メニューに分けていく予定ですが、現時点ではBLT(ベーコン、レタス、トマト)、マシュマロチョコ、カレーチーズ、卵ハム、カスタードのメニューを検討中です。お客様の反応を見ながらサービスを提供していきます。

 

■場所・時間

(午前)富山市内のオフィス街

(午後)スーパー等

 

手作りホットサンド

 

   みんなに親しんでもらえるホットサンド屋さん。地域の皆さんのもとに車を走らせ、街の活性化に貢献します。皆さま、ご支援よろしくお願いします!

 

地域密着型、地域に愛される『フレンチブルー』になるため、街の皆さまからお呼びがかかればどこへでも。地元の小さな洋服屋さんから「この日に新聞チラシを入れて大安売りをするから、盛り上げるためにも来てほしい!」と頼まれれば、「はい!」と車を走らせます。

 

自分の好きなことをすることで、みんなに笑顔をつくり、街も活性化されていく、そんなビジネスモデルを車の移動販売から生み出していけたら幸いです。今回のプロジェクトは新しい働き方の一歩でもあります。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

はい!あなたの街にホットサンドを運びます

 


最新の新着情報