プロジェクト終了報告

2018年09月14日

プロジェクト実施終了のご報告

 

残暑お見舞い申し上げます。

 

台風21号や北海道の地震で被災されたみなさまにお悔やみとお見舞いを申し上げます。

 

東京はまた猛暑が戻ってきましたが、みなさまお元気ですか。

 

ご支援や応援いただいたみなさま、ほんとうにありがとうございます!

 

病院への寄贈分1,500冊をすべて発送し、プロジェクトが終了したことをご報告させていただきます。

 

支援募集終了後、熱い思いを込めてリターンの制作や単行本の手配に発送、宛先ラベルの作成や封入発送作業などなど、沢山の方のご協力もいただき、熱い夏を過ごしました。

 

皆さまからご支援頂いた資金は、全額プロジェクトのために使用させて頂きました。

 

簡単ですが主な支出をまとめましたので御覧ください。

 

 

病院へ寄贈する単行本に同梱したレターも後ろに添付しましたので、ぜひ御覧ください。


ご支援いただいた方のお名前(※ご希望の方のみ)や寄贈した病院名を、感謝の気持ちを込めて患者会ホームページに掲載させていただきます。掲載ページができましたら、新着情報でお知らせさせていただきます。

 

毎年新たに発症している1,500人近い人達のためにも、ギラン・バレー症候群の患者が指定難病として認められ、難病医療費助成や障害者総合支援法の対象となるように働きかけていきます。

 

引き続き応援どうぞよろしくお願いします。

 

残暑厳しき折、どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。

 

ギラン・バレー症候群 患者の会
代表 上田 肇