READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

巨匠の響きよ永遠に!藝大に遺されたレコード2万枚の危機を救う

巨匠の響きよ永遠に!藝大に遺されたレコード2万枚の危機を救う

支援総額

7,190,000

目標金額 5,000,000円

支援者
326人
募集終了日
2017年2月21日
プロジェクトは成立しました!
39お気に入り登録39人がお気に入りしています

終了報告を読む


39お気に入り登録39人がお気に入りしています
2019年12月02日 18:07

蓄音機コンサート「SP録音で聴く往年のショパン名演奏」開催!

ほっそりとした三日月と金星が夕暮れの空に並ぶ11月29日(金)、蓄音機コンサート「SP録音で聴く往年のショパン名演奏」を開催しました。解説は蓄音機コンサートでは初登場となるピアニストの迫昭嘉先生と、迫先生のご紹介で出演していただくことになった音楽評論家の青澤隆明氏です。
 
ピアノの特集は、過去2回開催したレオニード・クロイツァー特集に続く3回目。クロイツァー以外のピアノのSPレコードは、クラウドファンディングで皆様のご支援を受けるまで、段ボールに入って使えない状態でした。それが現在、全てピアニストごとに保存箱に入り、必要なレコードをすぐに出せるようになったので、ピアニストを特集を初めて組めることになりました。
 
東京藝術大学の前身である東京音楽学校に、最初に入ったピアノのSPレコードは、パハマンが弾く「葬送行進曲」です。
その大正4年に音楽学校に入ったレコードでプログラムは始まります。
会場に集まったお客様は94名。皆さんとても熱心に音楽に聴き入り、先生方のお話に耳を傾けられています。
1848年生まれが1912年に録音したレコードで始まり、1922年生まれが1949年に録音したレコードで終わったこのコンサート、様々な演奏スタイル、様々な曲の作り方を、迫先生による演奏家の視点、評論家の青澤氏による音楽の言語化でお楽しみいただけたかと思います。
 
東京藝術大学附属図書館SPレコードコレクションによる蓄音機コンサート2019
「SP録音で聴く往年のショパン名演奏」
日 時:2019年11月29日(金)19:00開演
会 場:音楽学部 第6ホール
入 場:無料(定員200名)
解 説:迫昭嘉(ピアニスト・音楽学部長)
ゲスト:青澤隆明(音楽評論家)
助 成:藝大フレンズ
観客数:94名
 
プログラム
 
ヴラディーミル・ド・パハマン(1848-1933)
「葬送行進曲 op. 35, no. 2」
Victor(米) 74304 1912年録音
*東京音楽学校で1915年(大正4年)に受入
  
エミール・フォン・ザウアー(1862-1942)
「エチュード op. 10, no. 3 “別れの曲”」
Odeon (独) O-7835a 1928年録音
    
アルフレッド・コルトー(1877-1962)
「エチュード op. 10, no. 3 “別れの曲”」
Victor(日) JAS-524-3 1933年録音
   
ヴィルヘルム・バックハウス(1884-1969)
「エチュード op. 10, no. 3 “別れの曲”」
HMV(英)D.B.1132 1928年録音
 
イグナツィ・ヤン・パデレフスキ(1860-1941)
「エチュード op. 10, no. 5 “黒鍵”」
Victor(日)JE-192 1928年録音
 
モーリツ・ローゼンタール(1862-1946)
「エチュード op. 10, no. 5 “黒鍵”」
「マズルカ op. 63, no. 3」
Parlophone E-11161 1931年録音
 
安川加壽子(1922-1996)
「エチュード op. 10, no. 5 “黒鍵”」
Victor (日) JAS-46-2 1949年録音
 
ヴラディーミル・ド・パハマン(1848-1933)
「ノクターン op. 72」
HMV(英) D.B.1106 1927年録音

「ワルツ op. 64, no. 1」パハマンの肉声付き 
HMV(英) D.A.761 1925年録音
 
マルグリット・ロン(1874-1966)
「マズルカ op. 59, no. 3」
Columbia(日)J7835 1929年録音
 
エゴン・ペトリ(1881-1962)
「ワルツ op. 42」
HMV(英)B3791 1929年録音
 
レオニード・クロイツァー(1884-1953)
「プレリュード op. 28, no. 15」
Polydor(独)B27303 1928年録音
 
アルトゥール・ルービンシュタイン(1887-1982)
「ポロネーズ第6番 op. 53 “英雄ポロネーズ”」
Victor(日)JD-659 1935年録音
 
ヴァルター・ギーゼキング(1895-1956)
「ワルツ op. 64, no. 1」
「プレリュード op. 28, no. 23」
Columbia(日)J5604 1936年録音
 
ディヌ・リパッティ(1917-1950)
「ワルツ op. 34, no. 1」
Columbia(英)LX1032 1947年録音
 
ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ(1922-2001)
「マズルカ op. 63, no. 3」
HMV(英)B9866 1949年録音
一覧に戻る

リターン

3,000

alt

藝大附属図書館の活動を応援する【御礼状、ニュースレター、本学HPにお名前掲載】

● 図書館から感謝の気持ちを込めて御礼状(E-Mailでの配信)
● プロジェクト完了まで進捗状況をMailニュースで配信
● 本学HPにご芳名掲載(ご希望される方のみ)

支援者
120人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年7月

10,000

alt

レコードの危機を救う箱を寄贈する【レコード保存箱に箱寄贈者としてお名前を記載】

● 3,000円コースのリターン(①御礼状、②Mailニュース、③本学HPにご芳名掲載)に加えて、
● レコード保存箱に箱寄贈者としてご芳名を記載します(図書館長でデザイナーの松下計教授がデザインしたお名前を貼付)

支援者
133人
在庫数
153
発送予定
2017年7月

30,000

alt

箱を寄贈。未来の芸術家の力になる【箱寄贈者記載と藝大生デザインのオリジナルバッグ】

● 10,000円コースのリターン(①御礼状、②Mailニュース、③本学HPにご芳名掲載、④レコード保存箱に箱寄贈者としてご芳名記載)に加えて、
● 「オリジナルクリアファイル」(1個)
● 藝大のデザイン科学生がデザインした「蓄音機・SPレコードをテーマとしたオリジナルトートバッグ」(1個)
*デザイン案が2つあります。プロジェクト募集終了後にどちらかお好みのデザインをお選びいただけます。 ※2017.2.15更新情報

支援者
38人
在庫数
158
発送予定
2017年7月

50,000

alt

藝大に行って応援したい。改修前の藝大図書館が見られるラストチャンス【図書館書庫と新館見学ツアーと蓄音機試聴】

● 30,000円コースのリターン(①御礼状、②Mailニュース、③本学HPにご芳名掲載、④レコード保存箱に箱寄贈者としてご芳名記載、⑤クリアファイル、⑥トートバッグ)に加えて、

● 図書館書庫見学ツアーと蓄音機試聴(約1時間)
2017年秋から改修工事が行われるため、現在の姿の図書館が見られるラストチャンスです。普段は入れない書庫をご案内します。蓄音機でSPレコードも試聴していただけます。
*開催期間:2017年3~6月
*開催予定:平日12:00-13:00(数回)/平日18:30-19:30 (数回)/土曜15:00-16:00 (2回)

● 図書館「新館」見学ツアー(約1時間)
2017年春に竣工予定の図書館新館。2017年夏に現図書館から引っ越し予定ですが、その前の「本が入っていない」状態の図書館を見学しませんか。時間があれば蓄音機試聴もできるかも。
*開催期間(予定):2017年6~7月
*開催予定:平日14:00-15:00(数回)/土曜13:00-14:00(2回)

支援者
24人
在庫数
26
発送予定
2017年7月

70,000

alt

未来に残すべき巨匠の音を聴く。ワインや珈琲を楽しみながら【限定蓄音機コンサート】

● 30,000円コースのリターン(①御礼状、②Mailニュース、③本学HPにご芳名掲載、④レコード保存箱に箱寄贈者としてご芳名記載、⑤クリアファイル、⑥トートバッグ)に加えて、

● 支援者限定蓄音機コンサートにご招待(上野キャンパス内にて開催)
*ワインや珈琲を楽しみながら音楽を聴く特別コンサートです。
*日程は2017年6月2日(金)19:00からを予定 ※2017.2.2更新情報
*1名まで同伴可

支援者
11人
在庫数
9
発送予定
2017年7月

100,000

alt

未来に残すべき巨匠の音を聴く。あなただけの時間【限定蓄音機コンサート】

● 30,000円コースのリターン(①御礼状、②Mailニュース、③本学HPにご芳名掲載、④レコード保存箱に箱寄贈者としてご芳名記載、⑤クリアファイル、⑥トートバッグ)に加えて、

● あなただけの蓄音機コンサートを開催(上野キャンパス内)します(1時間)
*日時、プログラムは応相談(2017年3~6月の間)
*解説はつきません。演奏レコードリストをご用意します
*1回のコンサートに6名までご参加いただけます

支援者
3人
在庫数
完売
発送予定
2017年7月

200,000

alt

藝大から感謝の気持ちを込めて【ヴァイオリニストの澤和樹学長による 特別限定コンサート】と【限定蓄音機コンサート】

● 100,000円コースのリターン(①御礼状、②Mailニュース、③本学HPにご芳名掲載、④レコード保存箱に箱寄贈者としてご芳名記載、⑤クリアファイル、⑥トートバッグ、⑦あなただけの蓄音機コンサート)に加えて、

● ヴァイオリニストの澤和樹学長による、特別限定コンサートにご招待します。終演後は学長を囲んでの懇親会も。(上野キャンパス内にて開催)
*日程は後日お知らせします
*1名まで同伴可

支援者
8人
在庫数
1
発送予定
2017年7月

プロジェクトの相談をする