義太夫協会事務局の岡村です。

情報の更新が遅くなりご心配をおかけいたしました。

 

皆様のご支援によって修復されました見台がようやく戻って参りました。

正面の螺鈿の剥離した部分も、限られた予算の中で職人さんがなんとか元のような輝きを取り戻してくださいました。

 

また、当初の目標より多くのご支援をいただけましたので、古くなって色の褪せた「房」を新調することができました。この房も職人さんの手作りの品、素材は絹ですので出来たての今は真っ白ですが、時間と共に少しずつ象牙色に変化し、味わい深くなってまいります。

 

10月23日(木)国立演芸場にて開催いたします「女流義太夫演奏会10月公演」の舞台の上で、人間国宝・竹本駒之助が使用いたします。

 

皆様、10月23日は是非とも国立演芸場にお運びいただき、ご支援のお礼としての招待券をお持ちの方だけではなく、ご支援いただいた全ての皆様に、化粧直しされた見台の姿をお確かめいただければと存じます。

公演のチケットのご予約は義太夫協会事務局へお電話いただくか、メールにてお願い申し上げます。当日券の販売も予定いたしております。

義太夫協会事務局 03-3541-5471 am-giday@gidayu.or.jp

 

 

新着情報一覧へ