「カヌーの辰己選手がパラリンピックに出場できるように応援したい」

楢舘強拓です。

 

ReadyForにて ご支援して頂いた皆さん お元気でしょうか?

 

2016年3月 リオパラリンピック出場の夢は途絶えましたが

 

その後も 辰己選手と私はチャレンジを続けています。

 

あれから1年半というところでしょうか?

 

2017年9月11日 石川県小松市 木場潟カヌー競技場にて

日本パラカヌー選手権が行われました。

 

この大会で辰己選手は

51.618秒を記録!(2016年3月は53.324秒)

結果が出るまで時間はかかりましたが約2秒の記録更新となっています。

 

写真:石川県小松市 木場潟カヌー競技場

左から 前田選手 私 辰己選手 城田会長(北海道パラカヌー協会)

 

その後、9月22~24日に 日本パラカヌー協会 強化合宿が行われました。

公式記録ではないので、ここで皆さんに公開することはできないのですが、更に大きく記録を更新しています。

 

次なる目標は2018年3月 香川県高松市 府中湖で行われる海外派遣選考会

 

今度こそ 世界への切符を手に入れ

 

2020TOKYOへ

 

夢は現実味を帯びてきているように感じます。

目標に変わってきた そういうふうに感じています。

 

映画「ロッキー」の中で、主人公のロッキーバルボアはこんな事を言っています。

 

「大事なことは強烈なパンチを打つことではなく、何度打たれても立ち上がることだ」

 

私達は 何度でもチャレンジします!

写真:左 辰己選手 右 小山選手

新着情報一覧へ