世界選手権への切符

2018年3月31日 香川県府中湖にてパラカヌー海外派遣選考会が行われました。

 

Readyforでの募金が成立し、はじめて辰己選手に帯同したのはもう2年前

もうあれから2年が過ぎたとは・・・なんとも時の流れの速さを感じます。

記事はこちら→2年前の海外派遣選考会 悔しい思いをしましたね。

 

辰己選手はカヤックKL2クラスとヴァーVL2クラスに出場

※カヤックとヴァーの説明に関しては前回記事を参考にしてみてください→こちら

 

KL2クラスでは9月の日本選手権のタイムを0.285秒縮め、51.333秒で見事優勝!現在国内では独走状態です。

 

続いてVL2クラスでは諏訪選手とのデッドヒートとなりましたが、最後の50mで追い上げ逆転勝利!こちらのレースは大変盛り上がりました!

タイムは1分04秒954でした!

 

日本障がい者カヌー協会では規定の見直しがあり、各クラスの1位 また 世界1位タイムの25%以内を満たした選手は強化選手に指定されることになりました。

 

というわけで、2年前に届かなかった 

 

世界への切符 ようやく ゲット です!

ようやくここまで来ましたね。しかし、まだこれからです。

 

まず今回の課題として スタートでの出遅れが明らかになりました。

そして2020TOKYOへ出場するには最低でも48秒台に到達することが必要となります。世界への挑戦権は手に入れました。今度は世界でもまれて、更に成長できるかどうかです。

 

今のところ 大会全てでタイムを更新し続けていますので、兆しは明るいですが、あと1年 

 

今は目の前の事に集中して行動するのみです。

 

今後の予定としては

 

4月 石川県小松での長期合宿を経て

5月 ハンガリーセゲドにて パラカヌーワールドカップが行われます!

 

1年後 2019年の5月がTOKYO2020の最終予選になります。

もう1年しかない!と言いたいところですが、まだ1年ありますので

やれることをしっかりやる!これに限ります。

 

今後も追って報告をしますので、応援よろしくお願いします!

2019年3月31日 香川県坂出市府中湖カヌー競技場にて

左から 城田さん 辰己選手 私(楢舘)

 

 

 

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています