新年あけましておめでとうございます。

 

昨年様々な形でPHD協会に関わり、温かいご支援くださった方々に

心から感謝いたします。本年も同様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

「私は今年で50歳になりますが、この1週間で一生分の教育を受けられた気分です。私は今まで教育を受ける機会があまりなかったので、大変嬉しいです。いろいろな場所や活動を見て希望を与えられ、自分の村でもやってみたいと思いました。

 

さて、これは当会が昨年度ネパールから招聘した短期研修生、クンジュマヤさんの言葉です。村の女性グループのリーダーを務める彼女が日本で学ぶこと、また他の若い研修生の活動を支援してくれるということは、当会の帰国した研修生の取り組みを円滑なものにするという点でとても大切なことです。

 

 

 

 

今回のプロジェクトでは、ゴミ問題に直面するインドネシアから農村部の校長先生を呼びたいと考えています。みなさま、どうぞご支援・情報のシェアをお願いいたします!

 

新着情報一覧へ