プロジェクト概要

たくさんの温かいご支援、メッセージ本当にありがとうございます!マイソルの呉原です。

皆様からいただいたメッセージやご支援を見るたびに地球の反対側の日本にも、多くの仲間がいるんだと励みになります。

 

皆様のご支援のおかげで、予想以上の速さで第二目標・50万円を達成することができました。達成直後ではございますが、これまで以上に多くの被災者の方々に卵を届けるため、次の目標を70万円に設定させていただきます。

 

このネクストゴールを達成すると、アロテナンゴ地域に20000個(10,000個×2回分)の卵を配達することができます。これは、1,000人×2週間分となります。

 

噴火から1ヶ月以上が経過し、多くの避難所では炊き出し施設が設置されるようになりました。そこで今回は、私たちが炊き出しを行うのではなく、各避難所へ卵を配達する形に変更いたしました。これにより、長期間の支援を行うことができます。

多くの避難所では卵や肉が不足して栄養価が偏った食事になることが多く、私たちの配達する卵は鉄分不足を補うのに大変喜ばれています。

 

皆様からいただきました温かいご支援は、引き続き責任をもって現地の被災者の方々へ届けて参ります。

 

西日本でも記録的な大雨により多くの被害が出ていると連日、報道で確認しております。日本でも非常に大変な時期で恐縮ですが、プロジェクト終了の7月20日まで、引き続きよろしくお願いいたします!

 

 

大好きなグアテマラのために! グアテマラの人々が、元通りの生活を送れるようにしたい!

 

はじめまして、呉原郁香と申します。

去年8月より、グアテマラの貧困層に雇用を創り、その子ども達が教育を受け続けられるための事業として委託養鶏事業【MAYSOL(マイソル)】をスタートさせました。また、グループ事業のマヤ民族の伝統手織物をリメイクし製造販売する【ILOITOO】現地工房も担当。両事業とも女性にフォーカスをし、女性がイキイキと働ける環境創りに励んでいます。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd


 

死者行方不明者300人以上!3つの村が全滅!今のグアテマラには、「食事」と「薬」の供給が間に合っていない現状があります。

そのような中、現地時間6月3日にフエゴ火山が大噴火し、発生から1週間以内で死者行方不明者は300人以上、8000人以上が負傷、そして5000人以上が避難、村が3つも全滅し171万人以上が直接・間接的に被害をを受ける大参事となっています。

しかも現地では、火山灰などに覆われて救助活動が難航し、正確な行方不明者数が把握されておらず、被害はさらに増える恐れがあると言われています。

またフエゴ火山の噴火では火砕流が車さえも上回る猛スピードで斜面を流れ、ふもとの集落を襲いました。住民は避難する時間さえなく、多くの負傷者は重度の火傷を負っていると言われています。

連日、被害が大きくなり現地の支援団体などを通じて、支援を行うよう活動していました。しかし、災害時ネットワークの発達が遅れていることと信頼できる団体がなかなか見つからないことで、被害の進行状況に追いついていないという現状があります。

だから私たちはさっそく、MAYSOLで大切に育てた卵をふんだんに使い卵サンドを1,300個作り被災地へ届けました。料理をする施設がある被災地には、3,600個の卵と3,600個のパンも届けました。

そしてそこで実際に被災地の方々やボランティアの方々、医療関係者と直接話し、【避難所での炊き出し】&【薬の配達】が、今最も必要とされていることが分かりました。

引き続き支援を行うため、皆様のお力を貸していただきたいと思っております。被災地の多くの国立病院でも、途上国のため薬の供給が間に合っておらず今回の火山噴火で負傷した多くの方々の薬も足りていない状態です。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd


 

「あたたかな食事」と「傷を癒す薬・医療器具」が、今のグアテマラには必要です。

避難所にいる多くの住民の避難職は、即席麺などがほとんど。先日届けた、普段なら手軽に作れる卵サンドイッチでさえも大変喜ばれました。そこで温かい料理を避難所で提供できたら、もっと被災者の人たちの心の支えとなるのではと考えました。

さらに被災地にある多くの国立病院でも、途上国であるがゆえ、薬の供給が間に合っていません。今回の火山噴火で負傷した方々の薬が足りないのです。だから私たちは、エスクイントラ総合病院の医療品を管轄するコーディネーターの指示に従い必要な医療備品や薬を購入する予定です。

今回、支援のために購入する物資は、炊き出し費用1,000人分×2回分、その他はエスクイントラの医療機関に届ける薬代です。
・炊き出し:エスクイントラ地区、カテドラル協会で6月末、7月中旬、7月下旬の計3回を実施予定


今回の被害の大きさを考えると、2,000人分の炊き出し費用と少しの薬だけでは十分とは言えません。私たちは今後も被災された170万人の方々に、継続的に支援を行っていきたいと考えます。そのため、目標金額の30万円はファーストステップとして設定しています。

目標金額を早期達成出来た場合は、できるだけ多くの方を支援するため、ネクストゴールとして50万円を設定したいと考えています。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

----------------------------------------------------------------------------------------------------
 

もとの暮らしを送れるように。今のグアテマラに必要なものと、これからのグアテマラ必要なこと

私たちは、被災者がこれまでと同じ生活を送れるよう、サポートしていきたいと思っています。

被災してしまった現地の方々は、農業をなりわいとしている方がほとんどです。しかし、火山灰や溶岩で住まいがなくなり、生活さえもままならない状態です。彼等が通常通りの生活を送れるようになるまで生活基盤を支えるサポートも続けていきたいと思います。

皆様のご支援とご協力、何卒よろしくお願い申し上げます。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

----------------------------------------------------------------------------------------------------
 

グアテマラで製造した商品(ILOITOO)や、グアテマラの先生とのスペイン語マンツーマンレッスン(Spanisimo)をリターンとしてお送りいたします。

今回、3,000円以上のご支援には、グアテマラの手織物を使った色鮮やかで風合いの良いILOITOOのコースターやランチョンマット、コルテスカート、SPANISIMOのスペイン語オンラインマンツーマンレッスンをリターンとしてお届けします。
展示会でも大人気のコルテスカートをはじめとするILOITOOのプロダクトは、すべて1点もの。他では手に入らない、こだわりの逸品です。
またグアテマラの先生によるスペイン語オンラインマンツーマンレッスンは、スペイン語を始めようと思う方にも楽しんでいただける内容です。

またすべてのリターンで、感謝の気持ちを込めて、支援状況についてのご報告、現地の様子をメールにてご報告いたします。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

----------------------------------------------------------------------------------------------------

2018年6月30日~2018年8月31日にて以下を実施することをもってプロジェクトを終了とする

・炊き出し:エスクイントラ地区、カテドラル協会で6月末、7月中旬、7月下旬の計3回を実施予定

・寄贈:エスクイントラ総合病院に消毒液(手洗い・傷口消毒用)・ガーゼ・包帯・ワセリン・抗生物質入りのワセリン・咳止め・気管支系の薬・抗生物質飲み薬などを寄贈する


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)