こんばんは。代表の福光です。

いよいよ明日から日本語コンテストINインドネシアの

開催のためにインドネシアに行ってまいります。

 

まだまだ2回目のぐんまカップ。

ほんとに2ヵ国で開催できるのか

お金は集まるのか、

参加者は集まるのか、

現地の様子は、ニーズは・・・・

ここへ来るまでにたくさんの不安がありました。

 

結果的に日本語コンテストIN

インドネシアの応募者数43人、本選出場者数20人

韓国の応募者数16人、本選出場者数16人

となりました。

国によって少しバラつきはありますが

何とか開催できるまでの形になりました。

 

どんな不安にも一人では乗り越えていけなかったと思います。

ready for? をはじめ、多くの皆様の応援の声、

頼もしいメンバーのおかげで

ここまで来ることが出来ました。

 

インドネシアにいる頼もしいメンバー

韓国にいるジェントルマンなメンバー

日本で夜な夜な頑張ってくれているメンバー

みんなで準備してきた企画は

ここからが交流のはじまりです。

 

今年のぐんまカップのテーマは

「つながる」

 

会場に来てくれた参加者の学生、

現地で当日にお手伝いをしてくれる学生

引率の先生

保護者の皆様

会場に足を運んでくれる観客の方

 

どんなつながりが生まれるのでしょうか。

 

第1回からは

招聘生のアグンが現地のスタッフとして手伝ってくれていて、

会場から実家が近いというニナも来てくれるんです。

そして、去年会場で手伝ってくれた子が

今年も私たちが来るのを待ってくれているんです。

 

第1回からのつながり、

お互いがお互いの国へ行ったときに会いに来てくれる友達

ほんとに心地が良いです。

 

ニュースや日本にいるだけではわからない海外の人のこと。

宗教や、お国柄だから、という情報だけで判断するのではなくて

その人の持っているバックグラウンドを丸ごと含めて好きになる

ぐんまカップではそんな関係をつくっていきたいです。

 

 

明日からはインドネシア。

あとは楽しむのみ!です。

 

 

みなさま一人ひとりのお声が私たちスタッフの活動の励みになりました。

ご支援いただき、ほんとうにありがとうございました。

 

新着情報一覧へ