「空飛ぶ犬」2016 キャンバスに油彩、アクリル

 

クラウド・ファンディングがはじまりました。さっそくご支援頂き、本当に嬉しいです。心より御礼申し上げます。目標達成に向けてがんばっていきたいと思います。引き続き、どうぞよろしくお願い致します。


さて、これから4回に分けて、アーティストの紹介と作品コンセプトについてご説明いたします。最初は、福岡市在住の画家、田中千智さん。田中さんの作品(客室)名は、「夜と旅人の部屋」。お一人でも、お二人でもご宿泊いただけるツインルームです。羽犬塚の街や史跡が、「夜と灯り」の絵画世界に溶け込む部屋です。最近では全国の書店でも田中さんが挿画を担当した本を目にする機会が増えてきました。それらの本も傍らに置かれ、グラスを片手に夜を楽しむための大人の部屋がコンセプトになっています。今回のクラウド・ファンディングのリターンではこちらの作品に泊まれる「1泊+筑後の美味しい朝食」と、「夜と旅人の部屋1泊+作品」をご準備しています。

作品イメージ
作品イメージ
作品イメージ
制作中の様子 撮影:木下由貴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

田中千智(画家)
1980 年 兵庫県生まれ、福岡在住。多摩美術大学美術学部絵画学科油画科卒業。漆黒の闇に浮かぶ光に、現代社会の孤独や不安、儚さ、そして希望をにじませる。昨今国内外で注目集める福岡の画家。2008年「黄金町バザール」滞在制作。2012 年「VOCA 展 2012―新しい平面の作家たち」上野の森美術館(東京)、2014 年「第5回福岡アジア美術トリエンナーレ 2014」福岡アジア美術館(福岡)等展覧会多数。2013 年「損保ジャパン美術賞展 FACE2013」優秀賞受賞、2015 年大規模な個展「I am a painter田中千智展 ニューアート NEXT」(横浜市民ギャラリー)開催。「波の音が消えるまで」沢木耕太郎著(新潮社)、「傷跡」桜庭一樹著(講談社)など装丁作画も多い。

新着情報一覧へ