こんにちはスタッフの宮城です。
先日、東京からご家族で猟師体験に参加された時の様子を少しご紹介します。

 

 

1日目の罠の設置から同行してもらい、捕獲してから解体まで一通りの工程を学んでもらいました。

 

衛生面を考えつつすばやく処理していきます。

 

子供も興味津々です。

 

逆さに吊るし皮を剥いでしまうと「鹿さんはどこ?」とすっかりお肉としての認識に変わったようでした。

子供の素直な反応に大人もいろいろ考えさせられます。

 

・狩猟には興味があるけれど、何から始めればいいのかわからない

・免許を取ったけれどどこで猟をすればいいのかわからない

・実際獲物が獲れても処理の仕方がわからない

など最初はわからないことばかりです。

 

施設完成後は食肉処理だけでなくこのような体験会や研修等の受け入れも予定しています。

 

引き続きご協力お願いいたします。

新着情報一覧へ