READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

和柄と和色を使って日本の伝統文化を伝えるカードゲームを制作!

和柄と和色を使って日本の伝統文化を伝えるカードゲームを制作!

支援総額

1,331,000

目標金額 2,000,000円

支援者
83人
募集終了日
2015年1月4日
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2014年11月22日 08:45

花札 = ギャンブル ?

「花札ってギャンブルに使うあれですよね?」

よく聞かれます。

 

確かに歴史的な流れの中でゲームはよく体制側から取締りを受けたり、

規制を受けたりしてきました。

 

 

これは花札だけに関わらずみなさんよく御存じのトランプもそうです。

 

なぜ、たかが遊びが体制側から取り締まられるかと言うと賭博の道具として使われたからなんです。

 

だから、その名残として今もトランプを輸入しようとすると関税が高かったりするんですよ。(日本に入ってくるのを防ぐために)

 

 

トランプはその汎用性の高さから一般にも広く用いられるようになりましたが、

花札は遊び方がいくつかあるにもかかわらず、

一部賭博で使われた事でそれをモチーフにしたメディアの影響もあり、

花札=ギャンブルのイメージをもつ方もまだまだ多いと言うのが現状です。

 

ただ、お正月とかに親戚一同が集まってするなど、お年寄りと子どもが一緒に遊んでいたりという地域も日本中にたくさんあります。

 

老人と子どもをつないだり、美しい和柄が使われているこの遊びを一部の人だけのものにするのってもったいなくないですか?

 

 

なので、このゲームで 花札 ≠ (ノットイコール) ギャンブル

 

のイメージを一般にも広げませんか?

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

・お礼状

支援者
7人
在庫数
制限なし

10,000

alt

3,000円に加え、
・2000円相当のドイツのカードゲーム
・本プロジェクトで作成したゲーム

支援者
58人
在庫数
制限なし

30,000

alt

3,000円に加え、
・5000円相当のドイツのボードゲーム
・本プロジェクトで作成したゲーム
・本プロジェクトで作成したゲームの説明書に協力者として名前が載ります。

支援者
15人
在庫数
制限なし

50,000

alt

3,000円に加え、
・本プロジェクトで作成したゲーム
・Kleeblattのカタログより好きなボードゲーム1点(選べます)
・Kleeblattのゲーム購入30%割引券(1年間有効)
 ※ただし、1か月に購入できる数は2アイテムまで。
・本プロジェクトで作成したゲームの説明書と箱の裏に協力者として名前が載ります。

支援者
3人
在庫数
制限なし

100,000

alt

50,000円に加え、
・ネフの積み木デザイナーでイラストレーターでもある相沢康夫氏がカードの絵柄の中に隠し文字で名前を入れてくださいます。(個人用)

支援者
1人
在庫数
9

200,000

alt

50,000円に加え、
・ネフの積み木デザイナーでイラストレーターでもある相沢康夫氏がカードの絵柄の中に隠し文字で名前を入れてくださいます。(企業名)

支援者
0人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする