先週近所の山に登って紅葉をみたのですが、真っ赤に色づいている物もあれば、

写真の様な色合いのものも。同じように見えて、よく見ると微妙に違う…まさしく、この微妙さ加減って和色なんですよね。

 

琥珀(こはく)色かな?狐(きつね)色かな?それとも紅鬱金(べにうこん)かな?なんて、考えてみるのもまた一興ですね。

 

これを考える事ができるのはやっぱり色々な和色を知っててこそだと思います。

 

そんな【和の色を知るきっかけが持てるモノ】づくりにご協力お願いします!

 

 

後、残り24日で150万円足りません。

 

日本人が忘れてしまった文化の継承のためにぜひみなさんの力をお貸しください。

 

よろしくお願い致します。

新着情報一覧へ