こんにちは!
HaRuの兒嶋です。

今日の鳥取は、めずらしく秋晴れの爽やかな陽気です。

公開から20日経ちました。
昨日は、企業様より多額のご支援をいただきました。
飛び上がるほどの喜びと共に
怖さと期待、責任を深く受け止め
身の引き締まる思いを改めて感じました。

 

それと時を同じくして
こんなメッセージをいただきました。

以下 *編集してあります
 

***************************


こんばんは

就労支援の新事業心から応援しています。

これまで、READYFORやFABBOなどの資金援助の仕組みに
疑問を抱いてきました。(今も変わりません)
でも
書いていらっしゃった事は心から納得できる事でした。

私にも養護学校に通う子供がいます。
将来子供が、どんな生活を送っていくのか考えなかった
日はありません。
ここまで健康に育ってくれたという思いの反面
陽子さんが書かれていたような思いは
全く同じくあります。
作業所などで作られる作品の事に関しても全く同感です。

金銭的な支援がどのくらいできるかは分かりません。
ですが、私のように

陽子さんの事業になら、子供の生き方の選択肢として
不安がないかもしれないと、希望を持つ保護者は多いと思います。

私なりの方法でお手伝いできれば、と思っています。

***************************

この後にも、この先ご自身が進むべき道はここにあるのかも

と、綴っていらっしゃいます。

思いを伝えてくださった勇気に感謝いたします。

私たちだからこそできることを再確認しながらこの事業を
進めていきたいと思います。

この事業を発表してから、目まぐるしく
求めていた人との出会い
ほしかった情報や協力してくださる大きな力に
巡り会えています。

少しずつですが、形も変わりつつ良い方向へ
確実に進んでいます。

待っていてくださる方たちがいますので!

がんばります。


そして
講演会を開催します!!

また、次回の記事でご報告させていただきます!





 

 

新着情報一覧へ