こんにちは!

 

今年に入ってから、現場へ行く回数を出来るだけ増やすようにしました。

現場の様子をよりお伝えしやすくなるかと思います。

 

いよいよ、床材の施工に入りました。

 

私はずっと輸入住宅のコーディネーターをしてきましたので、実は、日本家屋に使用される材より、輸入資材の方が馴染みがあります。

1階部分はほぼ新しく造りましたので、私にとって馴染みのある輸入資材も多く使用しています。

 

フローリングもそのひとつ。

オークの無垢フローリングを使用しています。

風合いや色、経年変化など、とても気に入っていたので、こちらにしました。

 

大工さんが一枚一枚貼ってくれています。

 

古民家で使用するには少々ワイルドな感じですが、そのミスマッチも楽しんでいただけると幸いです。

 

無垢材なので湿度によって伸縮します。今は乾燥している時期。梅雨時期には膨張するので、少しだけ隙間を作って貼り進めていきます。黄色い付箋のようなものは、そのガイドです。

 

一枚一枚貼るのはとても大変なことです。

手間は掛かりますが、やはり無垢材ならではの足触りの良さをお客様に味わっていただきたいと思いました。

新着情報一覧へ