プロジェクト概要

世界を代表する平和都市広島から、平和にちなんだ曲や平和を願う気持ちを作曲して、各国の人たちと順番に手回しオルゴールで演奏します。

 

 はじめまして。手回しオルゴール奏者の右田悦雄と申します。広島を中心にディサービス、ケアハウス等の福祉施設、産婦人科病院、児童館、幼稚園や各種イベント・コンサート等において手回しオルゴールの演奏活動を積極的に行い、地域に根ざした、オルジナル・オルゴール曲の企画も展開しております。

今回、世界を代表する平和都市広島から、世界の平和にちなんだ曲や平和を願う気持ちをメッセージやイメージとして手回しオルゴールのカードに書き込み穴あけして各自作曲したオルゴール曲を繋ぎ合わます。それを順番に連続演奏し、2014年8月6日に世界へ発信するイベントを広島原爆記念日の2014年8月6日(水)、広島工業大学広島校舎5Fホールにて開催します。

 

世界で初めての試みのイベント開催にあたり、会場費、音響関係、ミュージックカード作成講座費用等でまだ20万円の資金が足りません。ご支援、よろしくお願いします!

手回しオルゴール組立キットの音色です。聞きながらページを見ていただけたら幸いです。

 

薄れ始めている被爆への意識。

個人の思いを音色にすることで、平和の意識を高めたい

 

被爆から多くの年数を経ることにより、広島の平和への意識が薄れてきていると言われています。また、「怒りの広島からの脱却」も課題にあります。ここに心に優しく響き、優しい気持ちになるオルゴールの音色を通じて、個々の平和への願い、メッセージを発信することにより、少しでも多くの人々に平和への意識を高めてもらう機会を提供し、広島発の世界に向けた、新たな市民参加型の平和への取り組みを作り上げていきます。

 

この度のプロジェクト発足のきっかけになった。平和公園の折り鶴の像のあたりでの路上ライブの様子です。happy place 福場良輔さんとの平和へのメッセージをお届けします。
世界へ向けて平和の祈りを込めて、 happy place福場良輔さんが
「ピースオンザロード」 を手回しオルゴールの伴奏(右田悦雄)で歌ってます。
http://youtu.be/7AkfeaEXbcw

 

全身がリラックス。

やさしい音色が手回しオルゴールから心に響きます。

 

手回しオルゴールは、楽譜となる「ミュージックカード」を本体に差し込み、ハンドルを回して演奏するオルゴールです。好みのテンポで誰でも手軽に演奏できます。「ミュージックカード」を差し替えれば、いろんな曲も楽しめます。また、手回しオルゴールの音色は心に優しく響きます。どうぞ、お聴きください。

 

宮島は、島影が観音様の寝姿になっており、神の島と言われています。その宮島の島影をメロディーにした、「みやじまの杜のささやき」というオリジナルオル­ゴール曲です。

http://youtu.be/gca0vW0OkDo

手回しオルゴールで「星に願いを」

http://youtu.be/5uyNJWRC6H4

絵手紙の絵から生まれたメロディをお聴きください。

http://youtu.be/sViQ_iFqiLc

絵や文字から生まれた曲「お父さんありがとう」

http://youtu.be/PM7bD0ROVxg

 

 

イベント当日には、特別仕様の手回しオルゴールを使用します。


米川オルゴール工房と右田が共同開発。ピアノやバイオリンのような生の音色に近く、高齢者にも聞き取りやすい音圧をもったもので、人間の脳の深いところに呼びかけ、五感を豊かにします。
懐かしい曲を奏でることで、オルゴールの前面にある、日本の懐かしい故郷の風景の箱庭が、オルゴールの音色と重なり、すっと心の奥底にやさしく届き、昔のことを思い出します。この回想法により、初期認知症のリハビリ効果を生み出すと予想されています。また、手回しオルゴールのハンドルを回し、曲の流れを自分の感性で演奏することも、五感を刺激し肩、手首の回転によるリハビリ運動が、回想法と相乗効果が生まれると予想され、現在、広島国際大学リハビリ課(石原教授)とともに研究をスタートさせているものです。

 

ひとりひとりが作る音楽が、国境を越えて、世界に希望を与える

手回しオルゴールで世界中の人々の心をひとつにできる。

 

この手回しオルゴール8/6(はちろく)プロジェクトは、ボランティアで平和への気持ちを強く持った市民の方々により発足しており、多くの方々のご支援により、イベントを開催していきたく思っておりますが、今回のイベント開催にあたり、会場費、音響関係、ミュージックカード作成講座費用等でまだ20万円の資金が足りません。尚、もし必要経費が賄われ資金が余った場合には、福祉施設に手回しオルゴールを送る予定です。どうぞ、ご支援宜しくお願いいたします。

音楽は世界共通の言語であり、希望を与える力を持っています。広島からそれぞれの国の平和のメロディを、また市民が自分たちで創った平和の曲を、それぞれの国の人々がバトンを渡しながら世界に発信することは、世界を繋げることを意味しています。
また、手回しオルゴールの音色は人々の心を優しく幸せな気持ちにさせるため、それを聞く瞬間は、聞いている世界中の人々の心がひとつになるということでもあります。

おわりに、手回しオルゴール8/6(はちろく)プロジェクト実行員会の実行委員長右田よりメッセージをお届けします。
<happy TVより>
http://youtu.be/70NjCK2vG2E


最新の新着情報