ギリシャ・キオス島

 

ギリシャは、とても多くの難民を受け入れています。

そのため、ギリシャ国内の難民施設はどこも受入可能人数をこえており、衣食住、そして医療も不足しています。

 

 

世界の医療団は、常設のクリニックに加え、移動診療車を使い、医療を必要としている人がいる所へはどこへでも駆けつけるようにしています。

増え続ける難民の中でも、特に子どもたちへの支援ニーズは高まっています。

 

 

ここでは、心理カウンセラーのJasperがボランティアとして彼らに寄り添っています。

 

"ギリシャは大変多くの難民を受け入れていますが、施設もマンパワーも十分ではありません。

私がここでできることは、彼らを勇気付けることです。

彼らの積極性を引き出すために、シンプルなことを一緒にする―サッカーをしたり、「家族」や「希望」についておしゃべりをしたり。「夢」や「将来つきたい仕事」についてでもいいんです。”

 

 

新しい土地にたどりつき、新しい生活をスタートさせることに、彼らは希望を持っています。

 

 

 

新着情報一覧へ