蔵の中には建具や掛け軸、古いアルバムや花見のござなど色々なものがありました。それを片付けるのに約1週間費やしました。そして今回は梁などに積もったホコリを最終的に取り除くための「拭き掃除」と「掃き掃除」です。

 

当然中は暗いので、照明を使って歯ブラシと掃除機、そして雑巾で拭いていきました。

 

昭和16年のものとは思えないほどの輝きが戻ってきました。それにしても立派な梁です。二重にも三重にもなっている松、立派です。

 

このように掃除だけで原状回復する箇所もあれば、ひび割れた土壁のように修理を余儀なくされる箇所に分かれます。

新着情報一覧へ