ネパールの教育環境が日本と比べて遅れているのは仕方ないことですが、義務教育期間を無事に卒業できる児童生徒はおよそ7割ほど。理由は様々ですが、貧困・若年結婚・教員不足・教室内什器の不足など。

アジアでも最貧国のネパールがすぐに変わるとは思いません、すぐに変えられるとも思いません。ただ、この国の未来は今の子供たちにしか変えられないというのは確かなことです。

そんな子供たちが今よりも少しでも良い環境で勉強することができれば、ネパールの未来は少しでも明るくなるのではないかと思います。

今回のこのプロジェクトで先ずはポカラ周辺の5校程の什器を整えてくる予定です。

 

下は教室内什器が多少揃っている学校の様子ですが、山の村へ行くとこの様な机さえも無い学校がいくつも存在します。

クラウドファンディングでの支援金集めも開始からもうすぐ4週間です、終了日5月15日まで残り3週間となりました、皆様の更なるご理解・ご支援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ