プロジェクト終了報告

2017年04月07日

プロジェクトご支援 誠にありがとうございました。

 今回のプロジェクトにおいては、全国の皆様から目標金額を大きく上回るご支援をいただきました。誠にありがとうございました。

 医療法人社団養高会高野病院において、昨年末に院長が逝去し常勤医が不在となる緊急事態を踏まえ、入院患者の命を守るためボランティア医師による診療を継続するという初動体制を確立しました。今回のご支援による寄付金は、ボランティア医師の交通費等に充てさせて頂きます。

 ボランティア医師の確保については、「高野病院を支援する会」が窓口となり取り組みを進めてきたところであります。

 広野町は、「高野病院を支援する会」からの補助金申請に基づき240万円を交付いたしました。「高野病院を支援する会」から3月末までの間にボランティアとして高野病院に支援に来られた医師に対して交通費等を交付させて頂き、実績報告により精算することになります。

 また、本町では、町民等が健康で安心して暮らせるよう町内の医療環境の充実・向上を図るとともに、原子力被災地における地域医療を守るため、広野町内に所在する病院及び診療所を補助対象者とする次の事業を平成29年度から実施する予定としており、ボランティア医師の交通費等の助成事業における必要額を上回った寄付金を、その財源の一部に活用させていただきます。

 この事業実施に伴う経費は年間17,400千円を見込んでおり、復興創生期間の平成32年度まで予定しております。

(1)救急患者受入支援事業  (年間見込額 7,800千円)

  ア 診療時間等における救急車両による患者の受入

    1人当たり 10,000円

  イ 診療時間外における救急患者の受入

    1人当たり 20,000円

  ウ 深夜時間における救急患者の受入

    1人当たり 30,000円

(2)休診日等医療体制整備事業  (年間見込額 9,600千円)

  ア 休診日等に診療を行う時間が4時間以上の場合

    1日当たり 80,000円

  イ 休診日等に診療を行う時間が4時間未満の場合

    1日当たり 40,000円

 

 なお、礼状及び領収書は6月中に送付するようにいたしますので、しばらくお待ち下さるようお願い致します。