当団理事、作曲家の伴谷晃ニ「オロチ」がこの夏再演されます!

広島でこんなプロジェクトが始まりました!

 

ヒロシマから平和を祈り舞う、神楽とオーケストラの協演!

 

https://readyfor.jp/projects/15589

 

昨年は、広島ウインドオーケストラは、クラウドファンディングで多くの皆様にご支援と励ましをいただき、海外公演を果たすことができました。

ただいま、広島の神楽団と広島交響楽団のコラボで独創的なコンサート開催の企画があり、クラウドファンディングに挑戦しておられます。

ご興味のある方、ぜひ、上記のサイトをご覧になってください!

 

 

総監督・作曲家: 伴谷晃二氏のメッセージ

 

本公演は、民間レベルから立ち上げ、広島県、広島市他行政機関にも3年間働きかけ今日にいたりました。ひろしま神楽は神事と奉納のみと思われていますが、もともと地域のなくなった方々への”鎮魂と再生”の意味があります。この公演通して、広島の原爆でなくなった方々への鎮魂の祈りを捧げたい、そして公演にお越しいただいた方々へ、感動をお届けしたいと思っております。

今回の公演では、オーケストラの楽団員は約70名、関係神楽団(楽方と舞方)は7団体で総勢約120人ものたくさんの方々が関わってくださっています。KAGURA for Peace2018平和の舞ーひろしま神楽と<オロチ、神楽とオーケストラの協演>の費用総額はおよそ15,100,000円にもなり、各文化助成財団の助成金や各協賛企業様の広告協賛では十分に賄うことが難しい状況です。そのため、その費用のうちの一部をクラウドファンディングで集め、多くの方々のご理解とご支援・ご協力をいただきながら、ひろしま神楽という素晴らしい文化を活動を続けながら定着していければと思っております。

 

是非とも、本公演を成功させたいと思いますので、全国の神楽ファンの方のみならず、オーケストラファン、また現代の創作活動にも興味をお持ちの方々が協働していただき、全国にご支援の輪を広げていければと思います。どうぞよろしくお願い致します!

 

開催日

 

2018年8月18日(土)19日(日)

 

開催場所

 

広島・JMSアステールプラザ大ホール

 

出演者

 

伴谷晃二・三村泰臣、北広島町合同神楽団、秋山和慶指揮/広島交響楽団、横田神楽団・津浪神楽団、大和町連合神楽保存会、高井神楽団・栗栖神楽団・河津原神楽団

 

当日の流れ

 

818日(土)>

1.[儀式舞]御神儀(悪魔祓い):大和町連合神楽保存会(三原市)
2.[旧舞]塵倫:津浪神楽団(安芸太田町)
3.[新舞]葛城山:横田神楽団(安芸高田市)

 

819日(日)>

1.[儀式舞]お神楽:河津原神楽団(廿日市市)
2.[旧舞]天の岩戸:栗栖神楽団(廿日市市)
3.[新舞]紅葉狩り:高井神楽団(広島市)
4.◆創作神楽「“オロチ”火と水への賛歌―神楽とオーケストラのために」(2017;改訂初演)企画構成・作編曲:伴谷晃二 指揮:秋山和慶 演奏:広島交響楽団 神楽団:北広島町合同神楽団(北広島町) 

 

ナビゲーターの三村泰臣氏とともにひろしま神楽の歴史的な経緯をわかりやすくコメントします。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています