READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

ホスピタリティマネジメントで幸福感あふれる介護現場を!

三好博之

三好博之

ホスピタリティマネジメントで幸福感あふれる介護現場を!

支援総額

520,000

目標金額 500,000円

支援者
20人
募集終了日
2020年7月31日
20人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
0お気に入り登録0人がお気に入りしています

0お気に入り登録0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

「ホスピタリティマネジメントで幸福感あふれる介護現場を!」

 

 はじめまして。株式会社ウェルクリエイターズの三好と申します。

 

 株式会社ウェルクリエイターズ 代表取締役 三好博之

   

 

 私は、この度「ホスピタリティマネジメントが介護を変える」~サービス偏重から双方向の関わり合いへ~」吉原敬典編著をミネルヴァ書房より出版させていただきました。

 

 私はこれまで20年以上に渡り、社会福祉士として福祉・介護の現場で仕事を行ってきました。食事、入浴、排泄のケアに加え、障がい者では、住む場所や働く場所の支援、高齢者では、自立支援や多種多様な機関との連携など、本当に多くの経験をさせていただきました。

 

 その中で、最も私を悩ませていたものは、そのような利用者への直接的な支援ではなく、「利用者のためにやりたくてもできない」という構造的な問題でした。慢性的な人手不足により、どうしても効率性が重視され、利用者一人ひとりにあわせたケアや、手間ひまのかかるものは、良しとされずに、「いかにスタッフを辞めさせないか」が、マネジメントの中心になっていたことです。

 

 しかし、それを変えていくための手段も方法も分からず途方に暮れていたときに、偶然出会ったのが「ホスピタリティマネジメント」でした。

 

 その後、立教大学が主体となり設立されたビジネスクリエーター学会に、「ホスピタリティマネジメント研究会」が吉原教授を中心に設立され、私自身も、この本のベースとなった内容をそこで講演させていただきました。

 

 

 また、その理論と実践に共感した私は、独立開業し、岡山県倉敷市に「リハたすくらしき」という、障がい者の通所事業をスタートさせ、今では本当に素晴らしいスタッフとともに、利用者一人ひとりのための支援を実践することができています。

 

 この度、その「ホスピタリテマネジメント」研究の第一人者である吉原敬典教授や、その他の方々とともに、

ミネルヴァ書房から「ホスピタリティマネジメントが介護を変える~サービス偏重から双方向の関わり合いへ~」を出版することができ、私と同じような不安や悩みをお持ちの方に、ぜひ手にとっていただき、これからの共生社会にふさわしい介護の在り方を知っていただきたいと願い、プロジェクトをはじめることといたしました。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

ホスピタリティマネジメントが介護を変える
~サービス偏重から双方向の関わり合いへ~
吉原敬典編著:ミネルヴァ書房2020

 

三好博之の「ホスピタリテマネジメントとの出会い」(Youtube)

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

・やはり私達は「一人ひとりの利用者に寄り添いたい」のです。

 

   介護施設は、慢性的な人手不足の中、一方では制度上、配置基準をクリアしなければならない非常に難しい経営が求められ、最も重要な経営課題が「スタッフを辞めさせない」ことに執着せざるを得ませんでした。

 

  そうした中、「徹底的にマニュアル化し、絶えず効率性を追い求める現場」や、「スタッフに負荷がかからないように、集団管理的に1日を過ごすメニューしかない現場」が標準的になってしまい、いつしか、利用者の思いや願いは二の次になっているところも少なくありません。

 

  しかし、私を含め、多くのスタッフは「利用者の役に立ちたい」「社会のために働きたい」というマインドを持って仕事をしており、たとえ人手不足であっても、一人ひとりの利用者に寄り添いたいと思っているのです。

 

利用者のための仕事がしたい

 

 

・ホスピタリテマネジメントは、それらを解決してくれる大きなヒント!

   

  私もそうであったように、ただ、やみくもに「利用者に寄り添った支援がしたい」と言ったところで、現状の人手不足は変わらず、すべき業務も減らないのは事実です。

 

  そこで、本書では、ホスピタリティマネジメントを活用し、現状の業務を見直し、それらの目的を明確にしていくことを示しています。ホスピタリティマネジメントは、経営学の1つの分野であり、一般に良く言われている「おもてなし」とは、まったく違うものです。

 

  今、行っている業務は「サービス」なのか「ホスピタリティ」なのか、利用者の思いは「願望価値」なのか「未知価値」なのかなど、一つひとつ整理して考えていくことで、本来、私達がすべき「利用者に寄り添った支援」が、とても明確になってきます。

 

  しかも、それはスタッフの人材育成の場面においてもまったく同じ流れで行うことができます。

  

  つまり、ホスピタリティマネジメントは「利用者の幸福感とスタッフのモチベーションを同時に高めるマネジメント」なのです。

 

利用者に寄り添った支援

 

 

福祉・介護施設の経営者の方にとって

  本書には、スタッフの「人材育成」と「人材定着」に必要なヒントが大変多く示されています。実際に介護スタッフへのインタビューを通じて、おそらく、どの現場でも発生しているであろう課題や、それらの思いを具体的に、ホスピタリテマネジメントを通じて課題解決していく具体的内容を知ることができます。

 

  それは、単純に「仕事を減らして楽をさせる」「辞めないように福利厚生を充実させる」という端的なものではなく、もっと本質的に、みんなが納得できる人事評価や、スタッフが安心して働ける「場」を創る、まったく新しい視点です。

 

・介護リーダーにとって

  現場で利用者の支援にあたりながら、一方でスタッフの支援も同時に行うというプレイングマネージャーの方にとっては、今の業務を整理しながら、いかに利用者に寄り添ったケアを実践し得る「場」を創るヒントが多く示されています。

 

  内部の多職種連携をどう作り、どう動かしていくかの具体的な事例は、実際に私が携わったものであり、どの現場においても実践可能なものであると思います。

また、スタッフの人材育成については、ホスピタリテマネジメントを活用すると、どのような人材が育つかを明確にしています。

 

・介護スタッフにとって

  日夜、現場で働くスタッフの方にとって、本書では多くの「誰にでも見に覚えがある事例」を多く掲載しています。その中には、実際に私が「失敗から学んだ事例」も入っており、必ずしも、すべてが成功するわけではないのですが、その失敗から学んだことも、とても大切だと思いますので、ぜひ、ご参考になさって下さい。

 

・介護のお仕事以外の方にとって

  本書は、「介護の仕事」の部分を、ご自身の仕事に置き換えていただくことで、様々なヒントが得られるのではないかと思います。なぜなら、介護の仕事の根幹は「人と人との関わり合い」であり、それは、どの仕事においても共通するところ多いからです。

また、子育てやご家族の介護の場面においても、多くご活用できるものになっております。

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

1,書籍を割引で販売いたします。【書籍のみ】

Amazonや書店では、2,640円(税込)ですが、このプロジェクトでは特別に2,500円(税・送料込)で販売いたします。

 

2,より理解が深まる解説動画をお付けします【書籍+解説動画】

10,000円コースの方には、内容を解説した動画をお付けすることで、より理解を深めていただくことができます。

*1時間程度の非公開動画URLをお送りする形となります。

 

3,直接講師を派遣いたします【書籍+解説動画+セミナーご招待+講師派遣】

100,000円コースの方には、著者が直接、事業所をご訪問し、内部研修の講師をいたします。

*交通費・諸経費別途、コロナウイルスの影響により派遣が難しい場合は、WEB上での実施となります。

*講師派遣は、日本国内に限ります。

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

  これから2040年問題に対応するために、介護現場は、これからも常に変わっていかなければなりません。しかし、どれだけ制度や状況が変化しても、私達の仕事は「利用者と関わっていくこと」であることには変わりはありません。

 

  このような共生社会を迎えた今日、改めて、私達の仕事の原点を見つめ直し、また、その魅力についても再発見する必要があると思います。

 

 この度の出版を機に、ホスピタリティマネジメントを多くの介護現場に届け、利用者とスタッフがサービスを提供する側、される側の垣根を超え、共に人生が豊かになるような現場を創るお手伝いができれば幸いです。

 

ホスピタリティマネジメントが介護を変える
~サービス偏重から双方向の関わり合いへ~
吉原敬典編著:ミネルヴァ書房2020

 

 

 

 

 

プロジェクト終了要項

プロジェクト実施完了日    2020年10月31日(土)

 

 

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

三好博之

三好博之

1977生まれ。岡山県玉野市出身。産業能率大学卒。社会福祉士。現在、株式会社ウェルクリエイターズ代表取締役・生活介護「リハたすくらしき」管理者。 社会福祉法人で障害者支援に携わり、地域の障害者支援団体の創立にも携わり役員となる。その後、株式会社メディックプランニング「リハビリテーション颯倉敷」でデイサービス管理者・生活相談員を担当し、2年間ほど同社の代表取締役を担う。 2016年に株式会社ウェルクリエイターズを設立。今までの経験をもとにコンサルティング事業をスタートさせ、多くの法人に、利用者とスタッフそれぞれの立場を超えたホスピタリティマネジメントに基づく、新しいマネジメントの在り方を提唱。 日総研出版「通所介護&リハ」「臨床老年看護」「高齢者安心安全ケア」等の専門誌においても、多くの論考が掲載されている。

リターン

2,500

書籍新刊「ホスピタリティマネジメントが介護を変える~サービス偏重から双方向の関わり合いへ~」

書籍新刊「ホスピタリティマネジメントが介護を変える~サービス偏重から双方向の関わり合いへ~」

新刊「ホスピタリティマネジメントが介護を変える~サービス偏重から双方向の関わり合いへ~」の1冊の割引購入。

支援者
11人
在庫数
114
発送予定
2020年8月

10,000

【書籍+解説動画】

【書籍+解説動画】

新刊「ホスピタリティマネジメントが介護を変える~サービス偏重から双方向の関わり合いへ~」の1冊の割引購入。

より理解を深めることのできる、著者による60分程度の解説動画
*1時間程度の非公開動画URLをお送りする形となります。

支援者
16人
在庫数
37
発送予定
2020年8月

100,000

直接講師を派遣します

直接講師を派遣します

新刊「ホスピタリティマネジメントが介護を変える~サービス偏重から双方向の関わり合いへ~」の1冊の割引購入。

より理解を深めることのできる、著者による60分程度の解説動画*1時間程度の非公開動画URLをお送りする形となります。

*講師の派遣は日本国内に限ります。

支援者
0人
在庫数
10
発送予定
2020年10月

プロフィール

1977生まれ。岡山県玉野市出身。産業能率大学卒。社会福祉士。現在、株式会社ウェルクリエイターズ代表取締役・生活介護「リハたすくらしき」管理者。 社会福祉法人で障害者支援に携わり、地域の障害者支援団体の創立にも携わり役員となる。その後、株式会社メディックプランニング「リハビリテーション颯倉敷」でデイサービス管理者・生活相談員を担当し、2年間ほど同社の代表取締役を担う。 2016年に株式会社ウェルクリエイターズを設立。今までの経験をもとにコンサルティング事業をスタートさせ、多くの法人に、利用者とスタッフそれぞれの立場を超えたホスピタリティマネジメントに基づく、新しいマネジメントの在り方を提唱。 日総研出版「通所介護&リハ」「臨床老年看護」「高齢者安心安全ケア」等の専門誌においても、多くの論考が掲載されている。

あなたにおすすめのプロジェクト

学生に知ってほしい痴漢の真実:アニメーション制作プロジェクト

松永弥生(一般社団法人痴漢抑止活動センター 代表理事)松永弥生(一般社団法人痴漢抑止活動センター ...

#子ども・教育

74%
現在
1,123,000円
支援者
104人
残り
23日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする

プロジェクトの相談をする