3月23日にスタートした

国を越え、町をめぐる平和のメッセージ!ポストカードブック出版

のプロジェクト。
 

さっそくの、ご支援、応援コメントをありがとうございます。

 

私がプロジェクトをスタートさせることを、

事前に何人かのかたにメールでお伝えしたときに、

返信で受け取ったひとりの男性のかたからのメッセージが、

印象的でしたので、紹介させてください。

 

マロンさんのおっしゃる、ハグとか、手をつなぐというのは本当にとっても素敵なことですよね。日本人はどちらもあまりしませんが、僕も彼女ができたら手をつないで散歩したいし、ハグの日だけでなく、毎日ハグしたいと思ってます。

 

なんて素敵なメッセージ!

 

『逃げ恥』で流行になった(?)「ハグの日」。

 

ハグって、相手とのエネルギーを行き交わせる、

不思議な魔法みたいな感じだと思います。

 

私が、海を越えて、アメリカに渡った時、

アメリカのかたと挨拶のたびにハグをすることに、

最初は、とまどいすらありました。

 

最初は、

私のハグの仕方は、相当ぎこちなかったに違いありません。

 

正直、

こんなに身体、くっつけちゃっていいの〜?

と思いました。

 

腰が引けて、体をあまり密着させないように、

相手との空間をつくったようなハグの仕方だったと思います。

 

いま思うと笑っちゃいますよね。

 

でも、「こんにちは」「またね」って

挨拶のたびにハグをしていくと、

自然な密着度で、ハグができるようになりました。

(なったと思います、思いたいです)

 

そうこうしていくうちに、

ハグをすると、なんだかあたたかい気持ちになるように

なりました。

 

ハグって魔法みたいだなあ〜。

 

相手のこと、嫌いだったらできないですよね。

 

ハグって、

素敵ですね。

 

そんな気持ちを込めて、

プロジェクト、続けていきたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

マロン

新着情報一覧へ