プロジェクト実施報告

Hult Prize東大チームにご支援いただいた皆様

 

 

Ready Forに掲載させて頂いておりましたプロジェクトにつき、皆様の多大なるご支援を賜り、無事目標金額に到達しました。頂いたお金につきまして、フィリピン・インドのスラム現地調査、上海への渡航費及び滞在費に使わせて頂き全額使い切りました。多くの皆様から温かいご支援を頂きましたこと、大変感謝しております。本当にありがとうございました。

 

その過程を通じて、多くの学びも得ることができました。私たちはこの活動を通じ、「都市部のスラムにおける幼児教育を、社会的起業という手段で普及させる」という使命の下、その実現方法を考えて参りました。現地調査において途上国、最貧困層のご家族、子供、政府や行政の方と出会い、話を聞きながら、恵まれた日本の学生である私たちがこの課題に取り組む意義をひしひしと感じずにはいられませんでした。また、ビジネスサイドでは起業家や大企業のプロフェッショナルといった方々にお会いし、様々な学びを得ることができました。皆様のご支援なくしてはこれらの活動は不可能であったことを改めて痛感し、感謝の念が堪えません。

 

一方で、プロジェクトの成果としましては、3月14日、私たちの活動の集大成をHult Prize上海大会にて発表しました。結果とては、36チーム中、決勝に進む1チームに残ることができませんでした。自分たちの作りあげたモデルで勝負しましたが、届かずに敗退。大変悔しい思いです。ご支援頂いた皆様のご期待に沿うことができず、大変申し訳ございません。

 

今後は今回の教訓を生かし、益々精進して参りたいと考えております。変わらず、温かいご指導賜れましたら幸いです。

 

以下の写真は活動の過程で撮った写真です。これらの貴重な経験を頂いたこと、改めて感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※なお、お土産は今週から随時発送しております。もう少々お待ちください。

※発表資料の日本語訳を別途Eメールにて送付させて頂きますのでどうぞご確認ください。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています