クラウドファンディングを始めて、私たちはとてもHappyになりました。
支援してくださる方が登場するたびに、心がふわっと明るくなります。

ロマンを分かち合うってまさにこういうことなのではないでしょうか。

 

貯金をして自分のお金で自分のしたいことを実現する方法は

事業のスタートとしては堅実で人に迷惑をかけないやり方かもしれない。

だけど、クラウドファンディングだからこそ得られる付加価値をとても感じています。

 

今回、引換券をどんな風にしようかと色々考えました。

お互いに、思い出になるものにしたいなぁ、

喜んでもらえるものにしたいなぁと悩んだ末に決めました。

それぞれ思い入れのある大切な引換券です。

 

一番高いものは15万円。

この引換券には「一緒にコレクションアイテムを作る」が入っています。

 

デザインする楽しさを分かち合いたくて企画しました。

 

「デザイン?センスが無いからムリムリ」ってあきらめてしまう、
そんな方にこそ選んでいただけたら嬉しいです。

 

 

例えば、

 

心地よい音楽の流れるカフェで美味しいコーヒーを飲みながら、
ふと「カフェ・ラテ」をテーマにデザインのリクエストをしてみたくなった。

 

そんな「思いつき」「むちゃぶり」がすべての始まりになる。

それがデザインの面白さ。

 

「言葉」は色々なストーリーの出発点でもあり、終着点。

 

デザイナーの仕事はそれをセンス良く素敵にまとめること。

だから、「思いつきの一言」があれば良いのです。

 

 

 

ボタンやビーズや刺繍、色々な材料が

「思いつき」を本物の「ロマン」に変えていきます。

 

 

子ども達をワクワクさせるためのサプライズが
デザインでありアートなのだと思います。

 

 

ファッションには手に入れる喜びだけでなく、作り出す喜びもあるのです。

 

 

世界にたった一つのもの、それは、あなたの「想い」から誕生します。

 

 

さて、どんな物語を描きましょうか?

 

 

 

新着情報一覧へ