『君、新しい図書館の仕事を手伝ってくれないか?千葉市に県立図書館はあるけれど君たちが利用するためには千葉市までわざわざ出かけて来なければならない。同じ税金をはらっているのに、誠に不都合だ。千葉県のどんなに辺鄙なところに住んでいても、千葉市民と同じように図書が利用できるよう、自動車で運んで行く計画だ。これを文化の水平運動とゆうのだよ。どうだね、移動図書館の運転に君の免許証が役に立たないかね?』

文化の朝は移動図書館ひかりから抜粋

民間にも出来ないだろうか、文化の水平運動。
新着情報一覧へ