アロハ宣言をしている鹿児島県指宿市では毎年フラフェスティバルが開催されます。

 

2017年6月9日(金)から本日11日(日)までの3日間、エキジビションやフラ交流イベント、アロハカクテルパーティーなどイベントが行われ、まち中がフラ一色になります。

 

このイベントで、私たち"そらまめの会"もマハロマーケットのマハロ台を貸していただき、紙芝居の実演をしました。

 

もちろん、ブックカフェのチラシ配りと募金の呼びかけも行いました。

 

 

いぶすき菜の花通りにある「さつま揚げの小田口屋」は、福祉施設や養護学校の子ども達の採用もしてこられ、職場体験等の受け入れも積極的にされているすばらしい地元の企業です。

 

今回、社長の小林さんに、このプロジェクトの話をすると、

 

「それは、素晴らしい活動ですね!お手伝いします。そんなことが可能になる社会をつくりましょう。指宿とか東京の社員からの寄付と、お中元リスト送付の全てにチラシを入れましょう。フラフェスタでのさつま揚げの売り上げを全てブックカフェに入れましょう」

 

とおっしゃってくれました。

 

こちらが、小田口屋さんのお店です。

暑い中、一日中、さつま揚げがつくられました。

 

揚げたてがおいしい!

こんな支援もありなんだと感涙!小林社長、ありがとうございます。


また、たまたま高知から来ていた、商工会議所会長さま、募金をありがとうございました。紙芝居をとても喜んでくださいました。

 

この挑戦もあと37日となりました!まだ道のりは半ばですが、私たちを応援してくれる人の輪が広がっていると感じています。

 

本当にみなさん、ありがとうございます。

 

■2017年7月18日(火)23:00までにあと401万5千円が必要です■
目標金額750万円を目指してクラウドファンディングに挑戦中です。ご支援、シェアのご協力をいただけたら幸いです。
「指宿から全国へ!すべての人に本のある空間を届けるブックカフェプロジェクト」
https://readyfor.jp/projects/ibusuki-bookcafe