当クラブのメンバーも盲学校の先生も触図筆ペンをひっくるめて「みつろう君」と呼んでしまいますが、安久工機の田中社長さんが最初に制作した触図筆ペンが「みつろう君」で、今はさらに工夫を重ねて進化した触図筆ペン「ラピコ」があります。チャリティ講演会時にロビーで実演展示をしたのもこちらの筆ペンです。

実際私も、ラピコで書いてみましたが、軽くて持ち易かったです。ペン先から溶けた蜜蝋がでてきますので、同じ太さの線を引くのには、少し慣れが必要かなと思いました。

新着情報一覧へ