瀬戸ジャイアンツの若木を15aの畑に4本移植しました。
苗ではなく、そこそこ大きい若木なので、来年、再来年にはそこそこ収入を得られる畑になるはずです。
そして農業問題の盲点。
現在、後継者不足、耕作放棄地の問題はよく知られていますが、、、
高価な農機具だって使われなくなるんですよ。。。
上手く就農希望者を受け入れてサポートできれば、農地と農機具も安く取得できるのではと、、、
そして、耕作放棄地を再生すると、凄いと思われがちですが、補助金かけて耕作放棄地を解消するのではなく、耕作放棄地になる前にどーにかする方が、よっぽど大切なことです。
耕作放棄地(荒地)になったら手遅れです。
地域に後継者がいなくなったら手遅れです。
増える前、いなくなる前に対処しなければと思いませんか?
何事も困ってから動くのは後手です。困る前に動きましょう。

新着情報一覧へ