こんにちは。一騎討実行委員会です。

 

昨夜はメンバーによるミーティングがありました。

 

試合場のこと、グッズやポスターの制作のこと、出場選手のこと。なによりスポンサーや支援金集めのことなど話し合うことが沢山ありすぎ、あっという間の3時間でした。クラウドファンディングの結果次第ではあるものの、開催を前提に動いている我々にとっては時間がいくらあっても足りません。

 

例えば、支援者の方の特典にもなっているグッズやポスターなども須藤元気や一騎討の名の下、いい加減なものは作れませんし、試合場も選手の安全性やお客さんの観易さを兼ね備えた舞台の準備をプロの業者さんと詰めなくてはなりません。

 

当然、それぞれが持つ一日の仕事を終えてからミーティングに集まっているわけですから、1~2時間でも話し合えば各々の顔には疲労の色が見えてきます。しかし、打ち合わせが後半に行くにつれ、不思議とテンションが上がってくるのです。

 

なぜだか分かりますか?

 

それは最後の打ち合わせ項目が「出場選手選考」だったからです。

 

ハッキリ言って、ここ数日でさらに凄いメンバーが集まっています。

 

一次受付は今週末までありますし、来月には二次受付も行います。

 

まだまだ選手の応募はあると思いますので、現段階で全ての枠を確定することは出来ませんが、その一方で凄い実績を持った選手なのに出場をお断りしなければならないケースが出てくる可能性も感じています。そんな見通しも含め、選考では徹底的に話し合います。

 

テンションが上がってくる理由は、もう分かったと思います。


あまりにメンバーが凄すぎて、我々自身が試合を楽しみになってきちゃうのです。

 

「リアル天下一武道会」は「組技日本一決定戦」に!?

 

今週、来週で新たな出場選手を発表させて頂きますが、格闘技ファンの方や競技者は驚くと思います。


「そう来たか!?」と思われる方もいるでしょう。最終的には「組技日本一決定戦」と呼べるだけの大会になると言っても過言ではありません。

 

どうか楽しみにして頂きたい反面、再度強調させて下さい。

 

会場へのご入場は支援者の方が優先となります。先日の当コーナーでも書かせて頂きましたが、会場となる善立寺はイベント会場ではありません。第一回大会同様、会場には300名様くらいまでしか入れませんし、無理して人を入れるといったことも致しません

 

きっとこの意味は、今週、来週で格闘技ファンの方や競技者の方に伝わると信じています。どうか今後の発表に注目して頂けると有り難いです。