クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

被災の中でも生き残った南相馬市の神社を修繕し、復興のシンボルとする

熊谷航

熊谷航

被災の中でも生き残った南相馬市の神社を修繕し、復興のシンボルとする
支援総額
750,000

目標 2,500,000円

支援者
72人
残り
終了しました
募集は終了しました
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2012年12月23日 22:57

東京からの応援。

ご協力ありがとうございます。

 

去る21日(金)に神社プラス1(http://jinja1.com)より
作家・和田裕美さんが
11月に開催されたチャリティイベントの収益から、
ご寄付を持ってきてくださいました。
熊谷も同行し、
このサイトでいただいた皆様からのメッセージを
林さんへお渡ししてきました。

(写真)和田裕美さんから林さんへ寄付が手渡されました

 

この日は、林さんは地区住民の方から、
家の移転に関わる融資の相談を受けていました。
津波で家が流された人たちは、
元の場所に家を建てなおすことができません。
それらの土地を南相馬市が買い取り、
そのお金を元に稲荷神社の陸側に家を建てることになります。
しかし、土地の価格はかなり安い上に、
手続きの動きが遅いので、
実際には他に融資を受けなければ
資金は調達できません。
林さんは、そのような融資をどう進めていけばよいのか、
住民たちの相談役となっているのです。

(写真)復興に関わる様々なことをこなす地区代表・林さん

 

これが復興の現状です。
被災地では日々、このような現実と直面しています。

 

このような現実に対して、
周囲の私たちが応援できることは
それほど多くないかもしれません。
しかし、地区の復興のシンボルである稲荷神社の
修復は応援することができます。
北萱浜地区の人たちへ、
皆さんからの気持ちを届けていただけないでしょうか。

 

ご協力、お願いいたします。

 

熊谷航

一覧に戻る

リターン

5,000円(税込)

神社の棟札へお名前を記載させていただきます。

支援者
36人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

神社の棟札へお名前を記載させていただきます。
神社の再興、地区の復興を祈願する北萱浜地区特製の手拭を差し上げます。

支援者
32人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

神社の棟札へお名前を記載させていただきます。
神社の再興、地区の復興を祈願する北萱浜地区特性の手拭を差し上げます。
稲荷神社の廃材を利用した、神社再興記念の木札を差し上げます。

支援者
5人
在庫数
25

プロジェクトの相談をする