70年の歴史の中で、30年以上、

体育講師として関わってくださっている

菊池一英先生から応援メッセージをいただきました。

 

他にはない「親子で遊ぼう会」や「親子で遊ぼう運動会」など、

いなりもり保育園の特色のある行事を、

保育士・親・子どもと一緒に創りあげてこられた先生です。

 

ご覧ください。

 

「あそび」が中心のいなりもりの保育を振り返り

「子どもたちはここでゆったりとした時間を過ごし、

ありのままを認められ、そして、たくさんの共感を受けて

≪生きる力≫を育てられている。」

と話してくれました。

 

 

現在、日本児童教育専門学校にて保育士養成に携わっている菊池先生。

今年度は月に一回、子どもたちと運動遊びの指導をしてくださっています。

 

 

菊池先生はロープワークの名人!

あっという間に園庭にモンキーブリッジが出来上がります。

 

 

いなりもりの保育を次の世代につなげるために、

ずっと応援し続けてくださる菊池先生でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ