このペットの養老施設を開設するにあたり、ボランティアではなく事業として行う第一の理由は「継続性」です。

お預かりしたペットの為に安定したケアを行う。ペット達が生涯を全うするまで、家庭で過ごしていた時と変わらないお世話を行う。動物の専門知識を持った人材を確保することも安定したケアをするには欠かせない事です。

この施設を永続的に続けていくことで社会にペットの養老施設が増え、社会全体で取り組むことで殺処分されるペットを減らしていけると考えています。

新着情報一覧へ