プロジェクトを無事に達成することができました。
皆様、ご協力本当にありがとうございます。

私たちはスタディツアーとして8/21からラオスへ訪れました。
ラオスでは、私たちが支援しているラオス南部に
位置するノンテノイ村へ訪れ、現地調査を行ったり、
支援先や、ラオスでよりコミュニケーションを取
ることができるようICネット様が行っているラオ
ス語講座を受けたり、NPO訪問を行い、自分たちの活動のアドバイスを頂くなどの活動をしていました。

 

 

ノンテノイ村へ行った際には、私たちが以前寄付した絵本を楽しそうに読む子どもたちの姿が見受けられました。

 

 

 

 

また、私が実際に訪れたprovince libraryというラオス パクセーにある公的な図書館(日本のNPOなどからも支援を受けている)で、次のようなことを言われ、印象に残りました。

「子どもたちが本を触れる機会を作るために、冊数が必要。本が少なければ、一冊の本を待つ子どもの人数も減るし、本がボロボロになってしまう可能性も減る。また、図書がある学校と無い学校では、子どもたちの勉強の熱意が違う。」

私は、この言葉を聞き、一刻でも早く、また、一冊でも多くの絵本を届けたいと心から思いました。

 

私にとってラオスへ行くのは1年ぶり、3度目でした。雨季のために、村へ行く途中までしかバスで行くことはできませんでした。

 

 

そこへ笑顔で”待っていたよ”という顔をしてトラクターで迎えに来てくれる村人。私たちの到着が待ちきれずにいる子どもたち。

 

私たちをいつでも歓迎してくれるノンテノイ村。

この村のこれから先の明るい未来を、”村人と共に”創り上げていきたい。
心からそう思っています。そして、明るい未来は、教育から変えていけると考えています。


現在は、プロジェクト114%を達成することができているので、100冊以上の絵本を3月に届けることができます。

一冊でも多くの絵本を届けるため、あと2日ですが、150%を目指したいと思っています。

どうぞご協力よろしくお願い致します^ ^


新着情報一覧へ