「市松模様」です!


かの有名な!「市松模様」。

格子模様の一種で、二色の正方形(または長方形)を交互に配したチェック柄の模様、という定義。でも古くから、この基本をアレンジした「変り市松」もたくさん作られました。デザイン的にも安定している模様なんですね。


そもそも、江戸時代の歌舞伎役者、初代佐野川市松が舞台「心中万年草」で小姓・粂之助に扮した際、白と紺の正方形を交互に配した袴を履いたことから人気を博し、着物の柄として流行したことから、「市松模様」「市松格子」「元禄模様」などと呼ばれるようになったそうです。


チェッカー・フラッグもこの文様で、洋の東西を問わず親しまれている模様ですね!

新着情報一覧へ