みなさんこんにちは!

宮城県出身の橘です。

私たちの団体IVYyouthは
主に東北の大学の学生から成り立っています!

私たちは東北からカンボジアを支援しています。

メンバーの全員がカンボジアへ渡航したことがあるわけではありませんが、

国内においてもみんなしっかりと現地のことを考えながら

ミーティングを行っております。

 

私たちの団体の紹介はここまでに、

今回の2018年度春渡航は残すところあと3日となってしまいました。

私はカンボジアコンポントム州に約3週間いるのですが、

そんな実感が湧きません。時が流れるのはとても早く、

離れるのが少し寂しいとも感じてしまいます。

 

この3週間私たちは小学校を毎日のようにめぐっていました。

前回の記事にもあるように、子どもたちはとても元気で、

2度目に訪れたところでは私たちの顔を覚えてくれていて、

すぐに近づいてきて「遊ぼう!」とでも言っているかのようでした。

 

 

 

そんな中、私たちは今回の業務であるドリル配布と学習会を行ってきました。

進めていく中で、不安や心配もありましたが、

子どもたちの笑顔や先生たちの協力によって、

なんとかここまでやりきることができたのではないのかと感じています。

 

子どもたちの笑顔、子どもたちが明るい未来を描くことができるよう、

私たちができる限りこれからも活動を続けていきたいと考えています。

 

みなさまのご協力よろしくお願いいたします。

 

 

 

新着情報一覧へ