こんばんは。プロジェクトの公開から、 5日が経ちました。すでに21人の方からご支援をいただき、みなさんの応援コメントに励まされております。本当にありがとうございます!

 

本日は、世界大会で戦ってきた選手からのメッセージを紹介したいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

デフリンピック:男子4×100mRで金メダル獲得

三枝浩基(1走選手)

 

 

私自身は、4回目の国際大会に出ました。世界で感じたのは、外国人選手の100m選手は前半が結構速いのですが、後半になるにつれて速さがどんどん伸びてくるということです。

 

そのため、抜かれてしまったり、筋肉と体幹がまだまだだと強く痛感しました。加えて、フィジカル面だけでなく、メンタル面も強化が必要だと思います。


練習や試合など、いつも課題が出てきて、それを乗り越えるために練習して、また試合で課題が出てきて…。

 

でも、常に目標を見据えているからこそ、私はまっすぐ進んで行けるんだと思います。良いことも悪いことも含めて、今までの国際大会に出れたからこそ、今後の成長につながる大きな経験でした。

 

自分にとって、デフリンピックは、最高峰の憧れの舞台なんです。


また、デフリンピックがなかったらこんなに長く陸上競技と向き合わなかったと思います。

 

しかし、デフリンピックの知名度は低いため、派遣費用は、全額自己負担でまだまだ十分な活動資金がないというのが現実です。

 

今回のクラウドファンディングを通して、私たちの競技活動が選手たちの日々の強化活動のサポートに繋がればと思っています。

 

私は、今回の大会には出場しませんが、皆さんに少しでもエネルギーを届けられるよう、世界に向かって活躍できるよう、そして、良い結果を届けられるように、応援しています!!

 

 

新着情報一覧へ