プロジェクト概要

 

自分のやりたいことに挑戦してみたい!そんな想いを持った大学生たちのアクションを応援したい!

 

はじめまして、一般社団法人東北ソーシャルアクションエンジン 代表理事の木幡真人と申します。高校生のとき、地域でがんばっている大人に支えられながら石巻の情報発信をする活動を立ち上げた経験がきっかけで人の想いを応援したいと思うようになりました。

 

現在は宮城大学事業構想学部でまちづくりを学びながら、何かしてみたいと思っている高校生のアクションを後押ししています。

 

そして今回仙台で7月〜12月まで『ジブンゴトLab.』という”地域で何かやってみたい”と想いを持った大学生がアクションを起こすための講座を12回開催し、その後、参加した人たちを記事にしたフリーペーパーを発行していきたいと思っています。

 

しかし、そのための会場費用やフリーペーパー制作費用、ゲスト謝礼金や物品費用などなど合計で100万円が不足しています。そこで今回皆様にご協力していただきたいと思い、クラウドファンディングを立ち上げました。どうか皆様の応援をお願い致します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
自分が楽しい!やりたい!と思えるアクションを創っていく
Photo by Daiki Sugawara

 

「自分も動き出してみたいです。でも…」
という後輩からの言葉がきっかけで本格的に活動をはじめました。

 

大学に進学してから、あることに疑問を抱いていました。

それは、思いはあるのに行動になかなか移せない学生が多くいたことです。

 

大学の講義で周りの生徒たちと課題解決案を出したり、議論をすると、「こういうことをして、問題解決をしていきたい。」と言葉にする人は多くいました。

 

しかし、地域や社会課題を解決するための方法を学びたいという学生は多くいますが、実際に自分の目線で今できることをやろうとする人は多くはいません。

 

私は、想いはあるはずなのに、行動を起こせない学生がいるのはなぜだろうという思いながら過ごしていました。

 

しかし、大学3年生になり、まちづくりについて学ぶ講義に参加したときに後輩が「プレゼンテーションや提案をするだけではなく、自分たちも何かやってみたいと思っています。でも、まず誰に話を聞いたらいいかわかりません。」という言葉を聞いたときに気づくことができました。

 

想いを持った大学生は周りにたくさんにいて、活動できないのは、ただ不安なだけなのだと。

 

実際に自分がやってみたいことを応援してくれる大人の存在を知らないから動き出せていない。一歩踏み出したくても、不安が拭えずにチャレンジできない・・。

 

であるならば、自分が経験してきたことを活かして何事にも挑戦したくなるような場をつくろう!と思い、ジブンゴトLab.の企画をスタートし始めました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
自分のやりたいこと、目標を発表するシーン
Photo by Daiki Sugawara

 

仙台の大学生がジブンゴトのアクションに挑戦していける場をつくりたい!

 

今年7月〜12月まで『ジブンゴトLab.』という仙台で地域で何かやってみたいと想いを持った大学生がアクションを起こすための講座を全12回開きます。

 

また、参加した大学生たちを記事にしたフリーペーパーを発行し、これからアクションを起こしたい人たちへ発信していきたいと思っています。今回のプロジェクトでは、講座を開くためにかかる費用とフリーペーパーを製作するために必要な費用をご支援いただきたいと考えています。

 

【ジブンゴトLab.概要】

 

6ヶ月間で全12回(毎月2回)の講座を実施し、4回ごとにじぶんと向き合う「MY編」、社会とつながる「SOCIAL編」、行動をひろげる「PROJECT編」というテーマでアクションを起こしていきます。

 

開催時期:2017年7月〜12月

 ※その後半年間のフォローアップ期間、2018年3月にフリーペーパー発行予定

開催地域:宮城県仙台市

参加対象:自分がやりたいと思うことがある、地域で何かやってみたいと思っている大学生・専門学校生・高校生

■参加定員:10名

■参加費: 大学生・専門学校生: 36,000円(税込) 高校生:18,000円(税込)

■伴走サポーター:畠山千怜さん(宮城大学食産業学部4年生)・山本憲弘さん(仙台高専 名取キャンパス外部講師)・角田大智さん(東北学院大学経営学部4年生)・高須未来さん(東北工業大学ライフデザイン学部4年生)

 

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
2016年に行った高校生と地域の大人を繋げるイベント(右上が木幡)
Photo by Daiki Sugawara

 

仙台から「ジブンゴトの行動」を起こすひとを増やす!

 

このプロジェクトを通して、私たちは仙台からジブンゴトの行動を起こしていく人たちを増やしたいと思っています。誰かの考えや価値観に合わせて過ごしたり、社会について語るだけではなく、誰もががやりたい!と思うことや楽しい!という想いから地域や社会に対してアクションを起こしていくことから地域を盛り上げていく、一歩目を「ジブンゴトLab.」から踏み出してもらいたいと思っています。

 

私たちができることは仙台という大きな都市から見れば、小さなことではありますが、まず一歩を踏み出すことが次の楽しい!を創っていくことに繋がると思っています。また、私自身も学生のいまだけではなく、大学を卒業した後もこの活動を続けていこうと決めています。

 

今、より充実したプログラムをつくるためにも、皆様のお力を必要としています。

どうか皆様の応援をお願い致します。

 

 

【100万円の用途】

 

◯ゲスト・パネリストへのお礼、交通費 10万円

◯合宿費用 10万円

◯フリーペーパー作成費(来年3月 3000部発行予定、仙台市内の大学・高校などを中心に配布予定です。) 17万円

◯一眼レフカメラ購入費 10万円

◯講座に使用する資料や物品購入費 6万円

◯会場利用料 7万円

◯運営スタッフ・プログラム開発のためにかかる費用(運営合宿費、交通費など)15万円

◯Readyfor 手数料&リターン費用 25万円

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
ひとりひとりがアクションを起こし、刺激しあっていけるコミュニティを創りたいです
Photo by Madoka Goto


 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)