花崎 杜季女( はなさき ときじょ )

 

地唄舞花崎流家元、一般社団法人地唄舞普及協会代表理事

 

 

1970年 地唄舞 神崎流家元 神崎 ひで師に師事

 

1971年 国立劇場 神崎流の会にて初舞台


1978年 「神崎 寿舞」の名を許される。

     

1999年 毎年「杜季女門下生の会」を開催

 

2003年 「花崎 杜季女」として独立、花崎流家元となる。 


2010年 「一般社団法人 地唄舞普及協会」設立


2011, 2012年 代表を務める「一般社団法人 地唄舞普及協会」が、港区文化藝術振興基金助成事業を行う。

 

2012年 リトアニア公演(国際交流基金、東京都、EU・ジャパンフェスト助成事業)

 

 


 地唄舞普及活動として、慶応大学学外授業「かど部屋案内人」、小学校での指導を行なう。また、ジャズ、朗読とのコラボレーションや、美術館での企画公演、被災地いわき市民俗芸能との鎮魂公演など多ジャンルとの活動を広く行う。

 

 普及事業には、港区、東京都、国際交流基金、EU・ジャパンフェストなどから助成金を受けている。

 

 東京のほか、広島でも教室を開講する。

 

 海外活動としては、San Jose 太鼓の振り付けと講師、フランス国際大学公演、リトアニア公演などがある。

 

新着情報一覧へ