プロジェクト終了報告

2018年09月08日

第4回ジャック・ランスロ国際クラリネットコンクール盛況終了!

この度は皆様のご協力のおかげで、コンクール、並びに入賞者披露コンサートが盛況に終了したことは感謝に堪えません。

 

未来の文化継承者を作っていく作業は目に見えた利益をつくることはできません。
また、永い時間をかけて醸造されていくものです。
そこには、広く大きくご協力を訴えていくことが大切と思っております。

 

今、4年後のスタートに立ちました。
また、これからの困難を想定しています。


今回、皆様のご支援は私どもに大きな勇気をいただきました。

改めて感謝申し上げます。

 

第4回ジャック・ランスロ国際クラリネットコンクールは、164名の応募から、横須賀での予選出場者は109名、2次予選は23名、セミファイナルに9名選出、そしてファイナルは5名に絞られていくその過程は、ハイレベルな戦いの中で大変厳しいものでありました。
審査員にもそのプレッシャーは大きい中、厳選な審査を経て、

 

1位:Alessandro Beverari(イタリア)
2位:Youjin Jung(韓国)
3位:Tiago Bento(ポルトガル)

 

の受賞となりました。

 

入賞者

 

皆さまからご支援頂いた資金は、全額海外参加者の渡航費補助のために使用させて頂きました。すべてをまかなうことはできませんが、大きな援助となりました。

 

ご支援いただきました皆様には、審査員コンサートや、入賞者披露コンサートへご招待させていただきました。ご来場誠にありがとうございました。また、DVDは鋭意作成中です。
10月中旬の発送を目指しております。
たのしみにしていただければと存じます。

審査員コンサート

 

ジャック・ランスロ国際クラリネットコンクールの日本開催は4年に一度ですが、4年に一度であるが故の困難もあります。

 

4年後の開催へ向けて只今スタートしたばかりでございます。
是非、今後ともご支援をいただけますれば幸甚です。

 

4年後にまたお待ち申し上げております。

 

今後ともジャック・ランスロ国際クラリネットコンクールをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ジャック・ランスロ国際クラリネットコンクール

副実行委員長

大和田智彦