2012年2月に行われたネパール&日本フレンドシップレスリング大会はカトマンズ:スタジアムホールにて3日間連続して行われた。大会は初日・2日目は生放送。3日目は録画放送され日本から来た「悪党軍団:マッチョ侍&ワカタカ」に大興奮。初日の大会を終えた後は、両選手とも街中で人気者に。

特にマッチョ侍の筋肉にはネパールの人々も興味津々。GYMでのトレーニング中も人々が注目していました。プロテインの価格は日本の3倍、ネパールの人々にとってプロテインは遠い存在なのかもしれません。

 

とにかく悪党日本軍は悪行三昧。日本への憧れ→憎しみに変わるのに時間はかかりませんでした。ペットボトルが投げつけられ、大きな罵声を浴び悪の限りを尽くしたマッチョ侍&ワカタカ。それでも悪いけど強いというのは憧れの対象でもあったと思います。

大会3日目は大会開催時間と停電がぶつかり、体育館の中はほぼ真っ暗。小さな自家発電機1つの光で大会が行われましたがお客さんは全く問題とせず。最後、日本人選手がヒマラヤン・タイガーに「成敗」された瞬間、会場内は「どっかーん!」地響きのような喜び方でした。

負けたにも関わらず、試合後マッチョ侍選手はその満足感から泣いていました。我々がネパールに何かを学んだ瞬間でもあったと思います。

皆様のご支援で目標額の10%を達成しました。GOALは遠いですが最後までやりきっていきます。今後ともご支援の程よろしくお願い致します。

株式会社 ファーストオンステージ/プロレスリング ZERO1/(社)あなたのレスラーズ

中村祥之

 

 

 

 

新着情報一覧へ