プロジェクト概要

これまで支えてくれたファンの方々に歌を通じて感謝の気持ちを届けたい!

武道館ライブへの第一歩となる、2000人ワンマン「JUMP UP LIVE!」を地元福島で開催します!

 

皆様はじめまして、シンガーソングライターの伊東和哉と申します。弾き語りのシンガーソングライターとして、東北・関東・関西地方を中心に、全国各地でライブをしています。

この度、長年の夢である武道館でのライブへの第一歩となる、2000人規模のワンマンライブ「JUMP UP LIVE!」を2015年6月に地元である福島の郡山市民文化センター大ホールで開催し、応援してくれた皆様に歌を通じて感謝の気持ちを届けます!

 

JUMP UP LIVE!を成功させるには、会場費などに皆様の力が必要です。どうか皆様、最高のライブを作り上げるため、ご支援いただけないでしょうか。

 

 

 

ひとつのライブとの出会いにより、シンガーソングライターを志すようになりました。

 

僕がシンガーソングライターを志すきっかけとなったのは、高校三年生の時に、仙台のグランディ21という1万人規模の会場で、当時よく聴いていた「ゆず」さんのライブを見て、衝撃を受けたからです。ゆずさんの紡ぎだす歌詞のひとつひとつが当時の僕に大きく響きました。そのライブとの出逢いにより、進学が決まっていた体育大学への推薦を取り下げ、冬から音楽大学を目指して勉強を始め、無事に受かることができました。

 

 

 

進学した音楽大学では、ワールドミュージッックやブラックミュージックなど色々な音楽に触れ、音楽性の幅を広げることができ、それが今の伊東和哉の音楽の基盤となっています。

 

その後、クレモンティーヌのバックでギターを弾かせて頂いたのがきっかけで、事務所に所属となり、都内を中心にライブハウスで活動を始めました。

 

クレモンティーヌと伊東和哉

 

 

東日本大震災に仙台で遭遇し、歌の力を信じられなくなりました

 

そんな僕に転機が訪れたのが、2011年3月の東日本大震災での被災です。その当時、もっと自由に音楽に向き合いたいという気持ちから、所属していた事務所を離れ、フリーランスとして活動を始めたばかりの時期で、出身地である東北地方で積極的にライブ活動を行っていました。震災当日も、ライブのため仙台を訪れており、そこで被災し、一週間程、避難所で過ごしました。

 

被災時の様子

 

避難所では、ライフラインも絶たれ、どこにも行くことができないので、皆、とても苛立っており、とても殺伐とした雰囲気が漂っていました。そんな時、何度も自分が歌って、人々を歌で勇気づけたいと思いましたが、生きることに精一杯の人々の前で、自分は何を歌えばいいか、どんな言葉を届ければ良いかが分からなくなり、歌の力を疑ってしまいました。

 

震災から1ヶ月が経った頃から、少しずつ曲をつくりはじめ、震災関係の曲も全部で20曲程作りましたが、そのどれもが被災した人々に届かないような気がしてしまい表に出すことはありませんでした。

 

 

大切なのは、ありのままの気持ちを歌うこと。

 

そのように、歌の力が中々信じることが出来なくなってしまいましたが、様々な事を考えるなかで、自分が伝えたいことは実はとてもシンプルであり、小難しい言葉にする必要はなく、ありのままの気持ちを歌で表現すればよいと思うようになりました。

 

そうして完成した曲が、震災のことを歌った「human」という曲です。一番大切なのは、自分が感じたことをそのまま伝えることである、ということをこの曲を通じて学ぶことができました。

 

 

この曲がきっかけで、東北や関東、関西など全国各地から呼んで頂ける機会が増え、現在のように全国各地でライブをするようになりました。聴いてくれた人にポジティブな気持ちを与えられ、楽しさを共有できるような歌をこれからも多くの人に届けたいと考えています。

 

 

苦しい時、いつも自分を支えてくれたのは、ファンの方々でした。

その感謝の気持ちを伝えるため、地元福島で2000人規模のワンマンライブを開催します!

 

自分のこれまでの活動を振り返ってみると、いつも支えてくれたファンの皆さんがいたから、ここまで活動を続けることができました。

 

これまで音楽を続けてきて、ライブでお客さんが少なかったり、出世していく周りの同級生と自分を比べてしまったりして、誰に向かって歌を歌っているかが分からなくなり、何度も何度も、歌をやめようと思ったことがあります。

 

それを乗り越えることができたのは、全国各地にファンの皆さんがいてくれたからです。各地のファンの方々からの「また絶対見に行くね」の一言で、勇気を持って自分の歌を続けることができました。

 

そんなファンの方々に対して恩返しする方法は、やはり「歌」なんだと強く思います。歌で恩返しをするため、近い将来、武道館で最高のライブをすることを目指しています。

 

ライブで歌う伊東和哉

 

その大きな夢への第一歩となるのが、6/21に福島で開催する、2,000人規模のワンマンライブ「JUMP UP  LIVE!」です。

 

自分の原点でもあり、歌の力を再び信じさせてくれた福島から、夢への第一歩を踏み出すことを目的に、「JUMP UP LIVE!」という名前をつけました。

このライブを通じて、皆様に今の自分ができる最高のパフォーマンスを見せたいと思います。2,000人というこれまでやったことのない規模でのライブとなり、自分にとって大きなチャレンジとなりますが、応援してくれる皆様と一緒に最高のライブを作り上げていきたいと思います。

 

JUMP UP LIVE!

 

「JUMP UP LIVE!」を絶対に成功させます。歌を通じて皆様を応援することが、僕ができる恩返しです。

 

改めてになりますが、皆様のご支援のもと、JUMP UP LIVEを最高のものにすることを誓います!そして応援してくれる皆様を、伊東和哉がいつか絶対に武道館に連れて行くことをお約束します。是非、ご支援の程、よろしくお願い致します!

 

 

伊東和哉オフィシャルHP

http://itokazuya.jp 

 


【引換券について】

 

¥3,000 の支援で受取る引換券


・「JUMP UP LIVE!」特製ラバーバンド
・「JUMP UP LIVE!」チケット1枚
・伊東和哉からの手書きメッセージ

¥10,000 の支援で受取る引換券

・「JUMP UP LIVE!」特製ラバーバンド
・「JUMP UP LIVE!」チケット2枚
・伊東和哉からの手書きメッセージ
・「JUMP UP LIVE!」オリジナルタオル
・あなた/またはあなたの大切な人へのオリジナルソング(ショート)
・「JUMP UP LIVE!」オープニングムービー・特設サイトへお名前(企業名)を掲載

¥30,000 の支援で受取る引換券

・「JUMP UP LIVE!」特製ラバーバンド
・「JUMP UP LIVE!」チケット4枚
・伊東和哉からの手書きメッセージ
・「JUMP UP LIVE!」オリジナルタオル
・あなた/またはあなたの大切な人へのオリジナルソング(ロング)
・「JUMP UP LIVE!」オープニングムービー・特設サイトへお名前(企業名)を掲載
・フライヤーへのお名前(企業名)を掲載

¥100,000 の支援で受取る引換券

・「JUMP UP LIVE!」特製ラバーバンド
・「JUMP UP LIVE!」チケット4枚
・伊東和哉からの手書きメッセージ
・「JUMP UP LIVE!」オリジナルタオル
・あなた/またはあなたの大切な人へのオリジナルソング(ロング)
・「JUMP UP LIVE!」オープニングムービー・特設サイトへお名前(企業名)を掲載
・フライヤーへのお名前(企業名)を掲載
・お友だちへの招待券(最大10枚)
・「JUMP UP LIVE!」打ち上げにご招待

¥300,000 の支援で受取る引換券

・「JUMP UP LIVE!」特製ラバーバンド
・「JUMP UP LIVE!」チケット4枚
・伊東和哉からの手書きメッセージ
・「JUMP UP LIVE!」オリジナルタオル
・あなた/またはあなたの大切な人へのオリジナルソング(ロング)
・「JUMP UP LIVE!」オープニングムービー・特設サイトへお名前(企業名)を掲載
・フライヤーへのお名前(企業名)を掲載
・お友だちへの招待券(最大30枚)
・「JUMP UP LIVE!」打ち上げにご招待
・ご指定の場所での出張ミニライブ


最新の新着情報