本日8月1日の23時で期日を迎え、この時点で200万円を超えていれば正式に『成立』となります。

 

先日のテレビ特集でも取り上げていただきましたが、深名線廃止後に沼牛駅を譲り受け、駅舎を20年間守り続けてきた坂本さんのこれまでの想い、そして『解体もやむを得ない』とも考えた時期を乗り越え、沼牛駅の魅力だけではなく、坂本さんの秘めた熱い情熱に賛同した有志とともに動き始めたのが、本プロジェクトです。

 

〔先日のテレビ特集予告動画〕
https://www.youtube.com/watch?v=SFhxqnMCr9E

 

 
現在、今回の保存修繕に向け「現役時代の沼牛駅」の写真資料の収集を進めております。そのような中、ウェブサイト『幌萌鐵道管理局(http://homepage3.nifty.com/badgermy/)』管理者様から、キハ53ディーゼル気動車が沼牛駅に停車中(95.7.31)の貴重なお写真数点をご提供いただきました。誠にありがとうございます。

 

〔95.7.31 名寄方面へと向かうキハ53 502 幌萌鐵道管理局様ご提供〕

 

そのほか、少しずつではありますが写真提供のご協力をいただいておりますが、もし「現役時代の沼牛駅」のお写真をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひご協力いただけますと幸いです。

 

 
クラウドファンディングはいよいよ最終日、そしてこれからが新たなるスタートとなります。ぜひ引き続きよろしくお願いいたします。


 

 

新着情報一覧へ