プロジェクト概要

私が変われたきっかけである旅を切り口に、出逢いの
連鎖を巻き起こすステッカーを作成したい!

 

初めまして、こんにちは!法政大学で心理学を専攻し、現在4年目休学中の赤田佳奈絵(あかだかなえ)と申します。今回は、【〜世界中の出逢いを紡ぐkanapeace〜ピースステッカープロジェクト〜】を実現させたいと思い掲載させて頂きました。

 

私は今年、世界中を旅しに出かけます。

その中で、世界中に、そして日本にいるたくさんの仲間や

その人たちのまた大切な人たち、旅先で出逢う素敵な人たちと

一緒に1万枚を配り続け、たくさんの「出来る」を紡ぎたい。

 

同じステッカーを持った、誰かにとっての素敵な人が、また誰かにとっての素敵な人と繋がるきっかけとなる目印として、ステッカーで出逢いの連鎖を巻き起こしたいと思っています。

 

忙しいを言い訳に自分の本音から逃げるばかりの毎日。

基本逃げ腰、いつも何かと中途半端で”へたれ”な私。

 

「自分にはできない。」そう思い込んで、どこかで一歩引いてしまう。自分や周り、目の前のことから逃げ、自信がなくて自分のことが大嫌いでした。自身の心が潰れてしまった過去や、家族関係などの要因から、自分の弱さの理由を知りたくて大学で心理学を専攻することを決めました。

 

その中でたくさんの出会いがあり、特に「旅」を通して私は出逢いの尊さに何度も救われ、数え切れないほどの素敵な人と出逢いました。学生生活3年半の間に、1000人以上の人と出逢い、嫌いな自分に「出来る理由」をくれたのは、本当にかけがえのない1つ1つの出逢いでした。

 

人生の分岐点となりうるような出逢いを、今度は私が紡ぎたい。

(東京旅人会主催の”マイタビ”トークライブで流した動画です)

 

もっと、色んな出逢いの可能性が溢れている日々に

気付くことができたら、もっともっと日々に

わくわくしながら毎日を送ることができる。

心の底から、出逢いの尊さを考えるようになりました。

 

では、どうしたら、そういう人が交わるきっかけになるのだろう。何なら認知しやすく、かつ誰にでも浸透しやすいかを考えました。そのときに、私が小さい頃に、たくさんの車に赤と白のステッカーがおいてあることに気付いた経験がありました。後々調べてみたところ、何かのラジオの企画だったらしく、同じステッカーをつけているというだけで、その人たちが笑顔になって挨拶を交わす関係に発展していたのが、幼い私には、とても印象的でした。

 

その経験から、出逢いにフォーカスしたステッカーをつくってはどうだろう、という思考に至りました。また、みて、触れて、繋がって欲しい。という想いから、パズルのピース型にしたいと思っています。出逢いのかけらどうしが他の誰かとマッチするように、パズルにすることで同じ物をつけている人たちでまた出逢いの連鎖が起きて、どんどんわくわくする毎日への、可能性が広がったら素敵だなと思っています。

 

(カンボジアの孤児院にて)

 

同じステッカーを持った、誰かにとっての素敵な人が、また

誰かにとっての素敵な人と繋がるきっかけとなる目印として、

ステッカーで出逢いの連鎖を巻き起こしたいと思っています。

 

街やすれ違う日々のなかでも、そこに意味を見出していないだけで、素敵な出会いはたくさん落ちています。気付かないだけで、もしかしたら今電車の隣に座ってるおじさんが、10年かけて世界中を見てまわった【ちょっとヘンテコなイケてるおやじ】かもしれないのです。同じステッカーを持っていることで、誰かと繋がるきっかけになったらいいな、それが溢れてもっとたくさんの、日々見過ごしている可能性に気付く手がかりになったらいいなと、思っています。


①私がステッカーを、周りの素敵な人たちに配る。そして、世界中を旅する中で更にそれを配り続ける。
②その貰った人たちがまた、自分の渡したい素敵な人たちに配る。
③世界中の誰かにとって素敵な人が、またその素敵な人にステッカーを配る。
④ステッカーを持ってる人はみんな、街で見かけたら、その場で話しかけてOK。

たくさんの、見過ごしている「出来る」を、紡ぎ続けるきっかけに。
のちのちは日本だけでも数十万枚配っていきたいです。

 

 

そもそも、出逢いの尊さに、気付いたきっかけ

 

ひねくれ者の私は、夢は叶うとか努力は必ず報われるとか、聞いていていつもむずむずしていました。そういう言葉が大嫌いでした。「だってどうせ叶わない。」って。人は、何かにつけて壁や限界を無意識に設定してしまっていると思います。私も、その1人でした。16歳での挫折経験から摂食障害や抜毛症に陥り、家族関係がごたついて19歳で鞄1つ持って家出。自信がなくて自分のことが大嫌いでした。

 

でも、だからこそ、気付くこともたくさんありました。

私にとって、旅でなければならない理由が、ここにはあります。

 

18歳のとき偶然の誘いを受け、新潟の50世帯小学生2人の集落へ拙い一歩を踏み入れて以来、様々な地域の現場に通い続けています。既存の視野の想定を越える、感覚や異文化に触れ、地域に興味を持つようになっていきました。好奇心のまま様々な場所を訪れるようになり、"旅"することが大好きになりました。

 

(新潟県内ケ巻の皆さんと)

 

20歳の時には、ヒッチハイクで2000キロ旅しました。自分には出来ないと思ってた。怖くて、恥ずかしくて、辛くて、何度も辞めたくなりました。「人に迷惑をかけるな」。そう教えられ、育った私。全て自分1人でやれば良い、そう思っていた自分への気付き。結局1人で出来ることって、あまりにも少なかった。自分のちっぽけさを思い知り、人の泣きたくなるくらいの優しさに触れました。

 

(鳥取県の安来にて)

 

「出来る理由を探し続ければ、失敗は失敗で終わらない」何をやってもいつも中途半端で、何かと諦めてきた私に、「旅」そして「人」が自信をくれました。言葉も出逢いも意味付けするのは自分自身。

 

「旅」での「出逢い」が私に「出来る理由」をくれた。

 

旅行は既存にあるものを享受することであり、旅は、出逢うべき人が居て、出逢うべき場所があって、それを自分で取りに行くこと、だとわたしは思います。"全ての出逢いに意味がある"ことを、プラスに捉えて初めて教えてくれたのが、旅でした。自分を表現する場を教えてくれたのが、わたしにわくわくを教えてくれたのが、旅という切り口であり、そこで出逢う沢山の人、物、景色でした。

 

弱い私が変われたきっかけである、旅という切り口で、

人生の分岐点になり得るような、可能性に溢れた出逢い

の場を創りたい。1歩踏み出し、出来る理由から探せる人、

毎日にわくわく出来る人をたくさん増やしたい。

 

人生の分岐点を振り返った時、良くも悪くも、そこには必ず人が居ました。出逢う人で人生変わると、今のわたしは本気でそう思います。昨年、PEPTという団体を立ち上げ、創設代表を務めました。PEPTでは、100人で旅をする企画がメインなのですが、その中でミッションが仕掛けてあり、それは人と関わらないと出来ないものになっています。設立半年で関西にもPEPTを立ち上げに至りました。旅やイベントを通して、関東関西から発信し様々な企画を打ち出しています。

ガクセイ基地さんに取材して頂きました

 

(出発前の様子)

 

(ぺぷ旅 ミッション「この旅の目標をチームでシェア!」)

 

世界中に、そして日本にいるたくさんの仲間やその人たちの

また大切な人たち、旅先で出逢う素敵な人たちと一緒に、
ピースステッカー1万枚を配り、たくさんの「出来る」を紡ぎたい。

そのために、ステッカーの製作費用・世界を周る旅資金が不足しています。

皆様どうか、ご支援頂けないでしょうか。

 

私が世界中で配りながら、そして一緒に日本や世界で広めてくれる仲間と一緒に配り続け、出来るを探せるきっかけを創りたい。そんな願いが叶いますように、kanapeaceピースステッカープロジェクトを行いたいと考えました。

 

そのためには、世界へ旅立つ資金がたりていないのと、ステッカーのデザインや印刷費、HP維持代金や、プロジェクト参加者への郵送費など、まだまだ資金が不足しています。そこで、是非この想いを叶えられたらなと思っています。

 

…………………………………………

 

引換券について

 

①ステッカーを赤田の一言入りでプレゼント  

ステッカーに一言添えて、プレゼントさせて頂きます。

また、それに加えて他に10枚ほどプレゼント致します。

自分にとっての素敵な人に、想いを込めてぜひプレゼントして下さい。

 

②ありがとうメール

直接、感謝の気持ちを込めてメッセージを送らせて頂きます。

 

③Facebookで友達になる&コミュニティ招待

Facebookでも、ぜひ繋がってください。

ステッカー所持者がさらに繋がれるコミュニティを開設

するので、そこに招待させてください。

 

④動画またはHPに名前を掲載

旅中の模様を発信するHP、または帰国後作成予定の

動画に、任意で支援者の方々のお名前を掲載させて頂きます。

 

⑤支援してくれた人の名前と写真をTwitterやFacebookで発信

旅中に、旅先での写真を添えて支援して下さった方の夢や想いと

共に、任意でSNSで発信させて頂きます。

 

⑥ステッカー所持者懇親会ご招待

帰国後、ステッカー所持者同士がまた繋がれる懇親会を開きたいと

考えています。そこに優先的に招待させていただきます。

 

⑦ありがとうのハグ

熱烈に想いをこめてハグします…!

 

⑧帰国後個人でお茶

旅のエピソードや写真と共に、なんでも話します!

 

⑨赤田レンタルサービス(⚠要相談)

お手伝いなり、ご飯なり、相談次第で何でもさせて下さい!

………………………………………………

 

熱い出逢いの仕掛人であり続けたい

 

出来ないかも、自分には無理...って、使わないまま有効期限切れの人生、本当に良いのかなって、何度も考えました。例えば1人では出来ないことだって、出来る理由から探せば、そして「やる」を選択したのならば、叶うとは言い切れないけど、必ず想いか重なる誰かが待っていると思います。昔の自分に、そして多くの、自信を失くして立ち上がれずにいる人にぶつけたい。あなたが苦しみ泣いたその瞬間は、何1つ無駄になっていない、って。あんなにも嫌いだった、自分。でも、未来のあなたには、大切で大好きでかけがえのない人が、たくさんいるんだよって。そんな、可能性を拡げる人との出逢いを、私は、紡ぎたいです。

 

"give&give" 優しさも幸せも、giveの連鎖が起き続ける世界になったなら、もっとたくさんの人が、出来る理由を探せる毎日に、もっとわくわく出来ると思います。そんな、きっかけの入り口に、私はなりたい。どうかご支援宜しくお願い致します。
 

Twitter:@knp_Uw51
Facebook:https://www.facebook.com/kanae.akada
Blog:http://ameblo.jp/harukana1992/

 

*気持ちでお手伝い頂ける方*

①一緒にステッカーを手渡しで配布して下さる方。
②HPや動画などの制作協力をして頂ける方。
③webなどでプロジェクトの発信をお手伝い頂ける方。

それだけでも嬉しいです。メッセージお待ちしております。

 

 


最新の新着情報