皆さんこんにちは。春日野音楽祭事務局です。

 

 

さだまさしさんの「主人公」という曲にこんな一節があります。

 

~あなたは教えてくれた 小さな物語でも 自分の人生の中では 誰もがみな主人公~

 

左:春日大社 花山院宮司、右:さだまさし氏
6月23日(金)春日野音楽祭開催概要記者会見にて

 

2016年9月18日(日)・19日(月)に奈良市内で開催される「春日野音楽祭」は、誰もが主役になれるような、開かれた音楽祭を目指しています。

 

一言でいうと、「ダイバーシティ(多様性)」ですが、ここではよりわかりやすく「自分らしさ」と表現したいと思います。

 

 

自分らしく生きることを模索するとき、人は自分のルーツを探ります。

日本最古の都があった奈良には、日本の根源的な思想や文化が1300年分地層のように積み重なっています。

 

さだまさしさんはそんな奈良のことを「魂のふるさと」と表現してくださいました。

 

歴史と文化がタイムカプセルのように眠るこの地で、日本文化と今の音楽が融合する、新しいコンセプトの市民音楽祭が誕生します!

 

------------------------------------------------

 

「春日野音楽祭」は、現在執り行われている「春日大社 第60次式年造替」を記念して、地元有志による実行委員会の手で立ち上げました。

 

 春日大社から奈良市街にかけて10ヶ所以上にステージを設け、プロアマ問わず様々な方に演奏頂くこの「春日野音楽祭」では、出演者の皆様には古から禁足地として保護され、世界文化遺産に指定されている御蓋山(みかさやま)に向かい、拝礼を行ってから演奏いただく「奉納演奏」という形で式年造替のお祝いに参加頂きます。

 

昨年開催した「春日野音楽祭プレイベント」の様子

 

さだまさしさんは9月18日(日)、ご自身の曲「まほろば」でも歌った春日大社境内の「飛火野(とびひの)」に設けたステージでのスペシャルライブにご出演頂きます。

 

その他の企画を含め、春日野音楽祭のサイトにて開催概要をご紹介しています。http://kasuganofes.jp/

 

 

自ら主人公となって自分らしい音楽を奉納するこの音楽祭を通じて、沢山の方々の「自分らしさ」を分かち合うことができるよう、皆さんのご参加・ご支援をお願いいたします!

新着情報一覧へ