プロジェクト概要

2015年10月24日石川県動橋地区会館をメイン会場に加賀市全域を巻き込んだ、子どもたちだけが参加できるハロウィンイベントを開催し、異文化について知ってほしい!

 

はじめまして、重森千草です。石川県加賀市で英語の先生をしております。小学校で4年間英語を担当し、現在は英会話教室を持ちながら、市内中学の先生達用の英語学習のサポートをしています。4年程前から、地域の企業さんや英会話教室の生徒や親御さんなど、みなさんと一緒に「異文化を楽しむ」という思いから、市全体を会場としたハロウィンイベントを開催してきました。今年も4回目の実施となりますが、200名以上のお子様の来場が見込まれます。

 

そこで、当日参加をしてくれた子どもたちにハロウィンの素敵な思い出をプレゼントするために、みなさまお手伝いをして頂けないでしょうか。

 

(子どもたちも本格的な衣装で当日を迎えます!)

 

 

当日は、地域に住む外国人の方々にもご協力頂きながら、子どもたちが異文化を体験できるコンテンツをたくさん用意します!

 

当日のメイン会場では、英語教室の生徒保護者が中心となり、仮装コンテストやゲーム、お化け屋敷など12ブースを作り、子供達に異文化の知識やゲームを提供します。例えば、お化け屋敷では海外で購入したハロウィンのオバケなどを用意し、子どもたちが実際のハロウィンに近い形を作ることで、異文化について学ぶことができます。また、メイン会場外でも、加賀市の企業やお店を子どもたちが「トリック オア トリート」と言いながら回る、スタンプラリーを開催し、地域企業と子供達のつながりを作っていきたいと考えています。現在、ご協力頂ける企業さんが25名にももぼっています。

 

(子どもたちは、自分達で考え工夫しながらスタンプラリーを回っていきます!)

 

 

普段はなかなか、海外に行くことができない子どもたちでも、異文化を体験することは、その後の価値観が広がるきっかけになると思います!

 

これまで参加をした子どもたちからは、「楽しかった」や「海外に行ってみたい」といった感想をもらい、イベントを開催して本当によかったと、達成感を感じています。さらに、親御さんからも「異文化を体験できてよかった」や「初めての体験」といった感想を頂いたり、企業さんからも「子供達とのつながりができて嬉しい」や「結構本格的だね」といった声を頂くこともできました。

 

(しっかりと異文化について学んだあとは、ハロウィンの楽しみ!美味しいお菓子をもらいます。)

 

 

さらに、こうした取り組みを通して、子どもたちと地域との繋がりがより強いものになればと願っています!
 

私たちが、子どもたちのイベントの中で、地域とのつながりを大事にしたコンテンツを準備するのには理由があります。それは、「家庭・学校・企業が三位一体となって、地域を支えていく仕組みをもう一度作りたい!」という思いからです。私たちが幼かったころは、学校の帰り道などに、「おかえり」や「気をつけて帰るんだよ」など、地域の方に声をかけてもらう事も多く、変な人に声をかけられ身動き取れないときには助けられた事もありました。

 

しかし今では、子育ては「家庭」がするもの、教育は「学校」がするものといった独立型で、子育てが孤独に感じる社会になってきつつあると感じています。親にも限界があり、学校にも限界があるという事実があります。だからこそ、そこに「企業」が加わり三位一体となって、地域全体で、子育てをサポートできる環境を作っていきたいのです。

 

みなさま、ご支援どうぞよろしくお願いします!

 

(当日のイベントに向け、準備を進めています!)

 

 

★イベントの詳細★

日時:2015年10月24日

場所:メイン会場 石川県動橋地区会館

 

★引換券のご紹介★

 

1)サンクスレター

 

2)イベント仮装コンテスト結果発表記載されている地域情報雑誌へのお名前の掲載

 

3)当日イベント招待券

* 2015年10月24日、当日のみ利用可能
* 200名限定のイベントで、READYFORでの支援者限定で優先的に受付を実施
* 150名限定のイベント内での写真撮影についても、READYFORでの支援者限定で優先的に受付実施

 

4)ハロウィンお菓子詰め合わせセット