この度は亡き危口統之のクラウド・ファンディングにたくさんの方々の御支援に父として厚く御礼申し上げます。彼は疾風の如く短い人生を駆け抜けてアノ世に往きました。想えば幼少期は、かわいく、賢い子だったと思います。レゴやお絵描きが大好きで、それも一風変わった絵でした。いろんな遊び道具そして子供用の百科図鑑などの中から本人が時に応じ好きなモノを選びモノ事に興味を寄せていました。ノリユキが3才の頃、山の中腹のアパートに住んでいた時、手をつないで坂を降りながら、突然「お父さん!人はどこから来てどこえ行くの?」と聞かれビックリした事がありました。親バカながら、これが3才の子が考えたり思ったりする事かと驚いたものです。その時の私の何だか妙な答をよく憶えています。

 とっさに「ノリ君、人は一人で天から来て、一人で天に帰って行くんだよ」と言うと、「フーン!」と云ってその話しは終わりでしたが不思議なエピソードが多々ありました。

 さて岡村滝尾さん亡きあと御支援の中心になって「悪魔のしるし」「搬入プロジェクト」などを引き継いで下さっている皆々様を始め、機に応じサポートして下さっている皆様に深く感謝申し上げます。

 そして改めて、この度の企画に好意をよせ、賛同して下さいました皆様!重ねてありがたく感謝申し上げます。

2017年12月12日

危口統之の父ヨリ。

 

<木口敬三氏の版画作品>

目下リターンの制作にむけて創作いただいています。

 

 

 

 

新着情報一覧へ