READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

被災地東北三県の保育園児1000人にクリスマスプレゼントを贈りたい!

ネットワークkizuna~きずな~信州 高橋泉

ネットワークkizuna~きずな~信州 高橋泉

被災地東北三県の保育園児1000人にクリスマスプレゼントを贈りたい!
支援総額
540,000

目標 500,000円

支援者
45人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2013年11月19日 08:44

新地町へ行ってきました!!

 

11月15日、今年のプロジェクトで初めて伺う福島県の新地町に行ってきました。

 

 

 

この町に繋がったのは、少年フットサルチーム “アステルしんち” さんに練習着やフットサルシューズを贈ることができたのがきっかけです。
一番の目的はアステルの子供たちに会うことでしたが、練習までの時間を使って、コーチの石田君に新地町やお隣の相馬市を案内してもらいました。

 

〈8月末の伊達交流会に来てくれた石田君と子供たちです〉

 

 

 

相馬市では新しくできた『相馬光洋サッカー場』を見学してきました。
天然芝3面・人工芝1面(今後もう1面と練習場が計画されています)のたいへん大きな素晴らしい施設で、これからの相馬地区のスポーツ振興に大きな役割を果たすのではと思います。

 

 

その後かなり暗くなってしまいましたが、新地町の海沿いを案内してもらいました。

 

〈写真は翌日石田君が撮って送ってくれたものです〉

 

 

ここでも津波被害はとても大きなものでした。
“この辺は海水浴でにぎわうところで、民宿や商店がたくさんあったんです。 もちろん住宅もたくさん建っていました”
石田君がそんなふうに説明してくれました。
 

海岸沿いはすべて防災緑地とし、10mほどかさ上げして公園化する計画です。
多くの方が知恵を出し合い、安全な故郷を創ろうと努力されています。


いつの日かキレイになった町を見に来たいと思います。
まだまだ遠く険しい道のりですが、新地町の皆さんの頑張りを願ってやみません。

 

 

 

今回訪問する予定の新地町の3つの保育所をまわったあとは、楽しみにしていたアステルの子供たちとの対面です。
3年生以上の約20人が集まってくれ、元気な姿を見せてくれました。
みんなが楽しそうで、本当にいいチームだなと思いました。

 

 

 

子供たちへはこんなことを話しました。
 

“私たちはみんなたちが困っていると思って練習着やフットサルシューズを贈りました。 しかしこれから先、私たちに恩返しなんてことは一切考えなくていいです。 みんなたちは一生懸命にサッカーや勉強して、たくさん友達を作って、元気で頑張ってください! ただ、この練習着などを贈るためのお金は、本当にたくさんの人が募金してくれたお金です。 小さな子が10円や100円を入れていってくれました。 そのことだけはほんの少しだけ頭の中に入れておいてください。 そしてみんなたちが大きくなったとき、そんな小さな子どもたちのために何か出来ることがあったらしてみてください! 私たちはそれでいいです! そんなことを願っています”

 

今回のプロジェクトではあの子たちの弟や妹へもプレゼントが届きます。 アステルさんには保育園児も参加していますから、その子たちもプレゼントを手にします。

 

私は出来れば町全体に笑顔を届けたいと思っています!!

 

少しだけ支援が伸び悩んでいます!
お友達同士、あるいは職場の仲間でまとまって・・・・・!!
どんなかたちでも構いません。 なんとか御支援いただけないでしょうか!?

 

子どもたちに伝えた言葉です。


“大きくなったとき、小さな子どもたちのために何か出来ることがあったらしてみてください!!”

 

よろしくお願いします。

一覧に戻る

リターン

3,000

①今回のプロジェクトの様子のミニ写真集とお礼の手紙

支援者
24人
在庫数
制限なし

10,000


②気仙沼市の仮設住宅にお住まいの皆さんが作った復興グッズ
③記念のオリジナルTシャツ

支援者
23人
在庫数
制限なし

30,000

①+②
③記念のオリジナルTシャツ3枚(6色・2つのデザインから自由にお選びください。全て違っても構いません)
④今回のプロジェクトの様子のDVD
⑤今回のイベントへの参加券(サンタクロースになって子供たちにプレゼントを渡すことも可能です)

⑤に関して現地までの交通費はご負担願います。
日程はのちほど御相談させていただきます。

支援者
4人
在庫数
6

プロジェクトの相談をする