保養センター「佐渡へっついの家」へ下見

 

昨夜は子ども達の夏休みキャンプで使わせていただく

「へっついの家」に泊まりました。

「へっつい」とは「かまど」という意味です。

 

ここは築100年の古民家で50畳以上ある大きな家。

どれだけ大の字になっても1人で寝るには充分すぎます。

静かでよく眠っていたら、夜中に未確認飛行物体が…。

 

羽音がして何かが顔をかすめた!

ん?

ん?

超音波あてられたかも〜。

O(≧∇≦)O

 

ま、いいかーと、朝まで爆睡。

 

あれはなんだったのか。

 

神様がいると言われる部屋。
「御前おまえ」での出来事でした。

神棚と仏壇にご挨拶したから
顔を見にお出ましだったのかしらん。

 

オマエさん誰だっけなんて。。。

 

 

新着情報一覧へ