新しいことに挑戦するということは、過去の何かを諦めるということに等しいことだと思っていました。

何かを始めるということは、
少なからず責任がついてきます。
その責任は事業が大きければ大きいほど、大きいものだし、関わる人も、守るべきものも多くなります。
それに比例して安定をもとめます。

守るべきものがあると、人は保守的になるそうです。
僕は典型的に保守的になっていました。

ある人は
カンボジアに移住することだけでも大きな挑戦だと言います。

ある人は
ツアー会社を辞め、独立することが大きな挑戦だと言います。

ある人は
カンボジアでは事業サンプルのないバナナペーパーを始めることが大きな挑戦だと言います。

ある人は
バナナ繊維とポリエステル繊維を混ぜ合わせ、世界初の繊維を作り出したことを大きな挑戦だと言います。

ある人は
外国人のいないカンボジアの大学に通うことが大きな挑戦だと言いました。

僕にとって挑戦とは、過去の何かを諦め、新しいことを始めることだとは思っていません。
挑戦とは、一つの大きな目標に向けて今続けていることを最大限に発揮するためのことだと思っています。
僕の目標はカンボジアに来た時から微塵もずれたことはありません。

【ゴミ山で働く人たちが村に戻り、生活できるようにすること】
という目標に向けて

カンボジアに移住し、
独立し、会社を立ち上げ、
バナナペーパーを始め、
バナナペーパーブランド「Ashi」を作っています。
マーケティングやマネージメントを学び、且つカンボジア人との横のつながりを増やすため大学で勉強しています。

もっともっと影響力を強めるため、今度はカンボジアのシェムリアップでプロサッカー選手になる挑戦をします。
誰もがなれるものではありません。しかし、幼い頃から培ってきたスキルと根性で必ずなります。

生徒たちが僕の背中を見て、勇気付けられ、夢に向かって努力できるように頑張ります。
また、Kumaeのことや僕のことを応援してくれている日本にいる方達に一歩を踏み出すきっかけを与えられればなと思っています。

このような挑戦ができることは、両親を始め、カンボジアで応援してくれている方たち、僕の挑戦に対して「頑張れ」と言ってくれているバナナペーパースタッフ、日本で応援し続けてくれている方々、そして一番近くで何一つ文句を言わず背中を押してくれている彼女のおかげだと思っています。

山勢拓弥

クラウドファンディングに挑戦中!!!
https://readyfor.jp/projects/kumae
ご支援、ご協力どうぞよろしくお願いいたします。
現在 535,000円 残り46日 

新着情報一覧へ